2020年12月31日

当店の猫に好かれるコツにつきまして

(この記事はブログトップに固定しています)


当店の猫たちはみんな、尻尾の付け根のあたり(お尻のあたり)を
ポンポンと叩いてもらうのが好きです。
顔やあごの下を撫でられるのは好きではなく、
顔を触ると逃げることが多いです。
こういうと驚かれることもありますが、騙されたと思って、顔を触らず
こういう感じで尻尾の付け根のあたりを叩いてあげてください。

DSC_0582

そうすると、猫の方から膝の上に乗ってきます。

DSC_0579


DSCN0190

当店では、猫に過度なストレスを与えないよう、
「抱っこする」「捕まえて膝の上に乗せる」のような、
「人間が力づくで猫をどうにかする」ことを禁止しておりますが、
そのおかげで、猫たちが人間に嫌なイメージを持っていませんので、
(猫は自由を束縛されるのを嫌います)
強制しなくても猫たちが自分から膝の上に乗ります。

ただ、素足やタイツの上にはあまり乗りません。
ジーンズか、ロングスカート(ツルツルした素材でないもの)
をおすすめいたします。

また、お尻を叩くのは、起きている猫のみにしていただいて、
寝ている猫については、叩かず、背中をそっと撫でてあげる程度でお願いします。
寝ているのに叩いて起こすのはかわいそうですし、
寝ているところから膝に乗ることはありません。



※ご注意※
猫は気まぐれな動物であって、また、他のお客様との兼ね合いもありますので、
お尻を叩けば必ず膝に乗るというわけではありません。
お尻を叩けば膝に乗る確率が上がるとお考えくださいませ。
なお、顔やあごの下を撫でた場合、膝に乗る確率は0%です。

また、これは、当店の猫に限ってのお話ですので、
ご自宅の猫や野良猫、他の猫カフェさんの猫も同じかはわかりません。
(うちの猫もお尻を叩かれるのが好きだというお客様もいらっしゃいますし、
うちの猫はお尻を触ると怒るというお客様もいらっしゃいます)
特に他の猫カフェさんではお尻を叩くことを禁止されている可能性もありますので
その店舗さんでご確認ください。

また、これは当店で「しつけた」わけではありません。
たまたま、これが好きそうだと発見したものです。
そもそも猫に何かをしつけるというのは至難の技だと思います。

また、ご来店されてすぐに膝に乗るというよりは、
しばらく時間が経って、猫たちがそのお客様に馴染んでから
膝に乗るということが多いです。
早く膝に乗ってもらおうと、焦って追いかけてお尻を叩くと
逆に猫たちが引いてしまって逆効果となりますので、
膝に乗ったらラッキーくらいのお気持ちでお尻を叩いていただくと幸いです。





nekokaigi at 23:30 
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ