2017年07月

2017年07月31日

今日で7月も終わりですね。
夏と言えば、並木のある御池通はセミが多くて鳴き声がすごいです。
たまに当店の窓ガラスの方に飛んできて、にゃんこたち、
特にふたばさんが大盛り上がりなんですが

DSCN1179

窓にジャンプする写真は難しくて、
だらけてる写真しか撮れないです。すみません・・・


にこさんは状態は変わらずで、ご機嫌で過ごしております。

DSCN1167

普段、腫瘍の部分を舐めないように服を着せているからか、
朝夕におなかを洗浄する時に、服を脱がせると、体の毛づくろいをしたがります。
ある程度は自由に毛づくろいさせてあげるのですが、
腫瘍の部分を舐めてしまうと、薄い皮膚が破けて腫瘍が露出したり
出血の原因になるので、腫瘍の近くまで舐めないよう手でガードしております。
これを「ベロリンの壁」と呼んでいます。
平成生まれの方はピントこないかもしれませんが・・・(笑


9周年記念にとさらにお菓子などをいただきまして、
ありがとうございます。
10年目もどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m






nekokaigi at 15:08コメント(4)にゃんこ写真 

2017年07月28日

たんぽぽさんに乗られて思わず白目のなっつさん

DSCN1133



スカートに潜るなっつさん

DSCN1164





nekokaigi at 17:10コメント(0)にゃんこ写真 

2017年07月21日

にこさんが獣医さんから余命1〜2か月と言われてから
ちょうど2か月くらいになります。
ここからはアディショナルタイムという感じがします。
今のところは、食欲もあり、しんどそうな気配もありません。

DSCN1122

寝てたのにみるく姐さんに顔をベロンベロンに舐められるにこさんです(笑

来週24日(月)は祇園祭の後祭の山鉾巡行ですが、
後祭はスタートが逆で数も少ないため、当店がオープンするころには
すべて前を通りすぎており、店内から巡行をご覧いただけませんので
ご注意くださいませ。
例年、後祭の山鉾巡行を沿道からご覧になっている方は、
前祭に比べると各段に少ないです。
ゆっくり見たい、いい写真を撮りたい、という方は後祭がねらい目だと思います。




nekokaigi at 13:34コメント(2)にゃんこ写真 

2017年07月17日

今日は山鉾巡行の日でした〜

DSC_0981

今年はモデルにゃんこが比較的多くて
にゃんこと山鉾の写真が撮りやすかったです。


ふたばさんは相変わらずお囃子の音が怖くて引きこもってました(笑

DSC_0971

でも最後の方は出てきたので、祇園祭10回目にして
ようやく慣れてきたかな?



今週はちょっと営業時間変更が多くなります。
7月19日(水)は11:00-17:30(最終入店16:30)の営業となります。
7月20日(木)は13:00-18:00(最終入店17:00)の営業となります。








nekokaigi at 13:35コメント(4)にゃんこ写真 

2017年07月15日

あっという間の気がしますが、振り返るといろいろなことがあります。
9年あると、年齢の10の位の数字がひとつ増えたりしますしね。
猫たちもそうですが、わたしたち人間も年を取ったなーと思います。
学生さんだったお客様が、就職して引っ越すことになりましたと
ご報告くださったことも何度もありますし、
ご結婚された方、ご出産された方、転勤された方もたくさんいらっしゃいますし、
出会いあり、別れあり、みなさまそれぞれにいろいろな変化がおありだったことでしょうね。
ずっと変わらず通ってくださり、共に年を取っていけるのもうれしくありがたいことです。

猫カフェ業界もすっかり変わりましたね。
当店が京都初として始めた頃は猫カフェ自体新しくて珍しいものだったので
猫がいる中で飲食するのは不潔だとか、雑種で安くあげたとか、
猫が年寄りになったら捨てるんじゃないかとかいろいろ言われましたが、
最近はそんな根本的な批判を受けることはなくなりました。
今や猫カフェは掃いて捨てるほどありますし、ウサギやフクロウカフェなどもあったり、
始めた当初は考えもしなかった外国人観光客が来られる、
どころか、はじめから外国人観光客をメインターゲットにした猫カフェまであるみたいで
隔世の感があります(笑
猫カフェが増えすぎて、もはやニーズの方が追い付かないんじゃないかと思ったりします。

当店は、以前にも書きましたが、今いる猫たち1代でやめるつもりです。
なので、今後猫たちが亡くなって数が減っても、新しい猫を補充する予定はありません。
年齢的にもシニアですし、これからどんどん老いていくことを考えると、
店自体は細々とのんびり営業する方向で考えています。
なので、メディアなどへの露出もお断りしたり、
普通に今後も営業していくんだったらありがたいであろうお話も、
申し訳ないけれどお断りしたりしています。
加藤由子さんの「猫とさいごの日まで幸せに暮らす本」にも書かれていた
「ともに暮らす幸せは最期を看取る幸せで完結する」は
まさにそのとおりだと思います。
これからも一緒ににゃんこたちを見守っていただければ幸いです。

DSCN1083





nekokaigi at 12:42コメント(14)店長のちょっとまじめなお話 
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード