投薬をしてまた病院に行き再検査、問題ないとお墨付きをもらったサトイモーズ。

06

わちゃわちゃに拍車がかかってきました。

05

飲むミルクの量も順調に増え、出すものもしっかり出るように。
思いのほか出るので結構大変でした。

35

すると、虔斗が時雉の方に。

む、なんだやいサトイモ。甘えに来たのかやい。

42-1

おいらの義弟やい、可愛がらない訳にはいかないやい。

少年猫なりにちゃんと兄の役割をした時雉。

44

グルーミングをし、時には遊びに付き合う時雉。

麿白先生、保護子猫兄弟、琥白さんとの経験を生かすのでした。



 ランキングに参加しています。1日1クリック、なにとぞ おねがいしますm(_ _)m
banner

 にほんブログ村 猫ブログへ