気が付けばミニ時雉チックにもなってきたサトイモーズ。

34

サトイモを見てるとなつかしい気持ちになるやい。

27

そしてサトイモレスリングもかつてちび時雉が保護子猫兄弟としていたようになってきました。

55

麿白先生の近くでわちゃわちゃのサトイモーズ。これは危ない。

45
50

ふむ、こんなときにも甘えたいのだね。グルーミングしてあげよう。

そしてお尻周辺を舐める麿白先生。だいたい間違ってます。

25

そして案の定。

35

いてっ、こらっ。

やはり巻き添えのサトイモパンチを食らうのでした。
いつも自分からやられに行ってます。


 ランキングに参加しています。1日1クリック、なにとぞ おねがいしますm(_ _)m
banner

 にほんブログ村 猫ブログへ