サトイモーズの成長の陰で、少年時雉も順調に成長していました。

29

やいやいあんちゃん、もうおいらはちびじゃないやい。

おおちびよ、ぼくに立ち向かおうというのかい。

サトイモーズはマロハウスでおやすみ中。

29

ほう、ではちびよ、手合わせをしてあげようじゃないか。

余裕の麿白先生、しっぽが太くなります。

33
51

下に潜りこんだ…と思ったら下からの攻撃を見せる時雉。
麿白先生、目をつぶってます。

サトイモーズはマロハウスから観戦中。

23
49

引き続き、下からの多彩な攻めで麿白先生を圧倒。

おいらは栗介たちやハクたちとしのぎを削ってたんだやい。あんちゃんには負けないやい。

48

全く、ちびも成長したね。今日はこの辺で許してあげよう。

麿白先生、生後7か月の時雉にはもう勝てなくなってたのでした。



 ランキングに参加しています。1日1クリック、なにとぞ おねがいしますm(_ _)m
banner

 にほんブログ村 猫ブログへ