その時はあまり猫の事を知らずに、目のデカい猫だなあと思ったのみでした。

DSC00500

公園で猫が子供産んで増えてるみたい…そんな話を近隣の人から聞いて早朝に向かったそこにいた猫が
茶トラ3兄弟の母、つまり参瑚の母猫でした。

DSC00587

最初、かあちゃん猫を子猫かと思うくらいに小柄で細く、そしてこの目。
リアルで見ると、本当にガラス玉のような造りもの感がありました。

DSC00847

馴れてからの顔。うん、美猫。
そう、一般的に猫にとっての凝視は警戒の証。当時はイカ耳の事も知らず。
シャーッと言われたりとかもなかったのでそれほど気にしなかったのと、自分も身を伏せて音を立てずに動かなかったので、なんやこいつ…と思われたに相違なく。

DSC008391

あとで動画などを見返してみると、母キジも身を摺り寄せてモフられたり、かなり懐いてくれてたんだなあと。
それほど懐かれてたという記憶はないのですが、それもあの目力の記憶が強かったからかもしれません。

DSC00766

それにしても目力強い。



 ランキングに参加しています。1日1クリック、なにとぞ おねがいしますm(_ _)m
banner

 にほんブログ村 猫ブログへ