先日、軽い膀胱炎の診断を受けて抗生物質を飲んで今日は再度尿検査の麿白先生。

IMG_3405

まったく、ひとがせっかくお休みしてるのになんという仕打ちだい。

膀胱炎は治ってて一安心。ただ、抗生物質は飲み続けた方がいいというのでまたもらったのと、尿比重が軽い割に濃いらしく、肝臓の調子が悪いかもしれないとのこと。確かに、尿の黄色が強かったので「おや?」とも思ったのですが。一週間後くらいに再度尿検査、状況次第でそこでまた血液検査です。

IMG_3214

帰宅してから、いつも自分と同じ空間にいる麿白先生が猫こたつに潜ってしまいました。
こういう時は、だいたい拗ねてる時。
病院が続いたのと、あとは麿白だけとの時間がここのところ少なかったので、多分それでへそを曲げてしまったようです。

IMG_3410

下に降りてきてもこの顔。
肝臓の件もあるので、ちょっとだるかったりする可能性もあるのですが。

IMG_3390

病院のご褒美にちゅ〜る(「腎臓の健康に配慮」のもの)を少しだけあげたらバッチリ悪い顔になったので、具合が悪いからという理由ではなさそう。ならばやはり御機嫌斜め。

IMG_3422

麿白先生のご機嫌のバロメータは、ゴロゴロと喉を鳴らす時間です。
ご機嫌良い時は顔見たら既にゴロゴロ言ってて、通常だと触ったら即ゴロゴロ。
今日は喉を鳴らすまでに60秒ほどかかりました。やはり拗ねてた。

IMG_3417

麿白先生はちゃんとこちらの言葉を理解するので、最近構う時間が少なかった事を謝って頭スリスリしたらゴロゴロ喉を鳴らしてくれました。
すぐに機嫌を直してくれるのも麿白先生のえらいところ。

マロには自分しかいない。
そういう気持ちを忘れずに。




 ランキングに参加しています。1日1クリック、なにとぞ おねがいしますm(_ _)m
banner

 にほんブログ村 猫ブログへ