先日のリフォームで居間のドアに猫用出入り口の扉を付けました。


IMG_7159

さあ、開けてくれたまえよ。

結果、麿白先生がドアの前で「ひゃん」と鳴いて開けることを要求、自分がドアを開けに行くと言う本末転倒な展開に。まさかのドアマン。

IMG_7151

そして、それからそろそろ1ヶ月。

さあ、開けてくれたまえよ。さあ。

…なぜだ。なぜ未だに開けないのだ。

IMG_7142

この扉を外してしまえばいいんでしょうけどね。

ただ、これをつけてると一階と二階がいい感じで隔離されるという事にもなります。

IMG_7349

二階の隔離部屋兼猫部屋は引き戸で普通は開けられないんですが、麿白先生と時雉が器用に引き戸を開けてしまうために部屋の前に捕獲機と猫砂を積んでバリケードを組むというこれまた本末転倒な事態になってました。
猫用扉の怪我の功名です。

IMG_7175


…オラはどうすればいいだよ…。

稀代の不器用である曉璘。もちろん猫用扉も開けられないまま。
居間の方にいようか。



 ランキングに参加しています。1日1クリック、なにとぞ おねがいしますm(_ _)m
banner

 にほんブログ村 猫ブログへ