正直自分もどれがこうだと詳細はわかってないんですけども、病院の検査について。

IMG_1252

病院の常連である麿白先生。通常月二回、調子が悪そうだとイレギュラーで行きます。
基本は尿検査ですが、半年に一回血液検査です。
これは院内で完結して、二十分ほどで結果が出ます。
腎臓でいうと尿素窒素とクレアチニン、あとは血液や肝臓の基本的な値ですね。

最初の猫ドックの診察は外部のIDEXXという企業の詳細な値が出る検査機関でした。
ここは腎不全の初期状態をより早く見ることができるSDMAという値が出せます。

IMG_0924

参瑚が先週やった血液検査もその内臓の値。
おそらく、そのIDEXXに出す検査項目でも「どこまでやるか」で値段が変わってくるようです。

あとは、病院ごとに判定料の項目も値段は違うのかなと。
自分のかかりつけは税込み16500円でした。
院内で完結すれば診療代込みで9000円くらい。

IMG_0998

血液検査も瞬間値なので、観察はしなくてはいけません。
2016年に麿白が検診をやった際、SDMAはいったん基準値を越したのですが、別の時に再度やったら正常値に戻ってました。これもどこまでやるかになるんですけども。
尿はストルバイトもそうですけど、尿比重でもある程度腎臓の状態はすごくぼんやりわかります。

IMG_0546

かかりつけの先生に聞くと、詳細は出るけどSDMAの入らない他社の検査だともっと安くできるので、通常はそちらに出してるそうです。
今回は、自分がSDMAも含めた詳細を見たいとお願いしたのでそこまでの価格になりました。

また、時期によって検査代の価格も変動するようです。
「なにをどこまで」「解ったらどうする」っていうのがポイントにはなると思います。
参瑚に関しては、腎不全の兆候があるか否かを早めに知って、食餌をどうするかを考えたかったというのが今回の大きな目的でした。

AC4D0CE3-CC81-4B0E-BCB2-20C24E407AE7

例えば翡文に関して、痙攣の発作がありました、脳の検査をします?全身麻酔してMRIとCTスキャンで東京の病院に預かりで泊まりあり、しめて20万ちょっとかかります。

…これだと、検査しました、脳にどうやら異常がありますね。
そこで「じゃあどうする?でもこれ、ほぼ間違いなくてんかんだよね」っていう感じになるだろうって事だったので、家で安静にして様子見という事になってます。

今の所、てんかんで一般的に抑えられているコンセーブとセンシンで状況は落ち着いていて、これで症状が悪化してMRIとかで見ないと次の手が打てないとかなら別なんですが。
何より、オス三毛で猫エイズで血液検査の数値もあかんという初期ステータスが既に異常なので、あまり打てる手は多くないのではないかというのと、やはり安静に穏やかに暮らすというのがQOLに資するのではないかなと。

IMG_1186

検査の話で言えば、そういう「何を知りたいか」と予算でかかりつけの先生にご相談するとよいのかなと思います。

あとは、日々の観察になるのかなと。



 ランキングに参加しています。1日1クリック、なにとぞ おねがいしますm(_ _)m
banner

 にほんブログ村 猫ブログへ