自分が猫に関わり出したのは2013年。関わり出したといっても写真と動画を撮りに行ってるだけ、かつ2014年頃のように毎日行くみたいな感じではありませんでした。

DSC01931

最初は家の近所に猫が多いな、じゃあ撮るかみたいな感じで。
図書館帰りに見た公園が、最初に通う事になった猫集会のやってる公園でした。

ふと、それなら公園に行けば猫いっぱいいるんじゃないの?と思って、付近の公園を歩き周りました。

DSC02039

いくつかの公園は当然空振り、ですがそうしてたどり着いたある小さな公園で出会ったのが、昨年夏に我が家で終末期を過ごしたつよしとその一家。
この辺りから、それまで猫に一切縁のなかった自分に対して猫の歯車が回り出したような感じです。

DSC02234

それからはなんとなく歩いてて、ああ猫がいるな、とついて行ってみると実は有名な猫だまりでしたみたいな事がありました。

人に教えてもらってたどり着いたのって、参瑚や弐醐を含んだトラ猫一家の近所の公園くらいだったかなと。それも、白サバ姉さんと早朝お散歩してたら、近所の婆様に「あんた猫好きなの?だったらあの公園に子猫産まれて増えとるわよダハハ!」という感じでした。

DSC02235

2013年のフォルダを見てると、当然もうほとんどの猫の行方が解らなくなってます。
解ってるのはつよし一家のメス猫2匹くらいで、いずれも家猫に転職済みという。
栃木のどこかで曉璘は若猫として全盛期、四護もおそらくそれくらいですかね。

DSC02260

そんなわけで、2013年のフォルダは結構スカスカです。
でも、思い出深い猫たちの顔がたくさん。
そして、2014年の春から、急に密度が上がります。
茶トラ兄と遭遇して懐かれ、参瑚が自分に懐き、流れキジトラが公園に上陸し、黒皇やキジトラ一家と遭遇し、TNRの手伝いをするようになり…。

DSC02237

その密度も、2014年2015年がピークで、その後はだいぶ薄くなります。
その準備段階の2013年のデータを見てると、撮り方や猫への接し方の解ってない感を思い出して、妙に懐かしくなります。





 ランキングに参加しています。1日1クリック、なにとぞ おねがいしますm(_ _)m
banner

 にほんブログ村 猫ブログへ