四護こと当時のモノクロの4号があるエリアを制したのが2015年の10月頃。


2015-11-21 06.19.28-1

喧嘩売ってきた相手をことごとく寄せ付けなかった四護。
ぱっと見、それほど強そうに見えないけど他の猫と明らかに何かが違うというのが四護の特徴です。

2015-11-16 06.11.41

当時の参瑚こと茶トラ3号。最初は空間を共にするなんてこともありましたが、徐々に険悪になり…。
これはもう参瑚の性格ゆえ。

2015-11-17 06.25.13-1

後ろ足で脇腹を掻く、独特のアクション。この時で推定5歳くらい。
野良と家猫の違いはありますけど今の時雉と同じ歳と考えると、ボスとしては一番気力体力がいい時か。

2015-11-19 05.49.45

その時、体力的にはピークの3歳だった参瑚は四護に敗れひとりで生きる事に。
写ってる画像も、どこかそんな空気が漂ってました。

2015-11-27 06.31.34

そのあたりくらいで、だいたい四護はこの街角にたち、街を見つめていました。
人と猫と街を見る。
そして、今はひとつ屋根の下に同居。

2015-11-27 20.21.57

そんな表情を見せる参瑚と四護と同じ日の麿白と時雉の画像。

…同じ猫でもまったく生き方や表情が違うのはまた面白いものです。




 ランキングに参加しています。1日1クリック、なにとぞ おねがいしますm(_ _)m
banner

 にほんブログ村 猫ブログへ