我が家のジャンボ子猫・参瑚。
2016年まで茶トラ3号として野良猫として生きてました。

DSC00783

まだ子猫時代の参瑚。
色が淡くて美少年。ちょっと翡文に似てますかね。

DSC00775

そして参瑚はカーチャン似。
参瑚がずっと大好きで離れられなかったキジ母です。
でも、キジ母は親離れできない参瑚をしばきまくってました。
参瑚がいま子猫になってるのもその反動と思われます。

DSC01646

このキジ母や茶トラ兄弟の生活圏内には、何匹かキジ母に似たメス猫がいました。
このムギワラ系のキジ猫。どうみてもキジ母の姉妹です。
ちなみにこの猫ものちにあるお宅の家猫になるんですが、茶トラ1号がその家に上がり込んで餌を強奪して、この猫は隠れてたそうです。叔母猫になんということを。

2014-11-19 06.25.17-1

そして、茶トラ3兄弟の宿敵である流れキジ嫁と呼んだ猫。
流れキジトラは参瑚の天敵でしたが、流れキジ嫁は茶トラ3兄弟とは一緒にいました。
特に、弐醐と仲が良かったようです。
やはり流れキジ嫁も世代的にキジ母の姉妹か、もしくは母猫だったのかもしれません。
おそらく血縁としてはかなり近いはず。

2014-09-13 06.40.10

流れキジトラの出自は不明なのですが、キジ嫁といいながら実際は兄弟姉妹の可能性が高そうです。
とすると、参瑚の天敵は、叔父か大叔父だったということに。

父である茶トラ0号は隣の町界の猫なので、そこで一族に違う毛色が入ったということで、余計に敵視したという可能性も?
やはり毛色以上に似るものです。



 ランキングに参加しています。1日1クリック、なにとぞ おねがいしますm(_ _)m
banner

 にほんブログ村 猫ブログへ