整体の話をある人としてた際、「心を無にして身体が快適と感じる動きに身を任せる」という手法があると聞きました。
猫の寝相の個性もそれなのかなと見てて思ったりします。

IMG_0256

…いきなり極端な例が出ました。
麿白先生はその恐ろしいほどの柔軟性で放熱や身体の表面積を伸ばすことが快適なのだと思われます。

IMG_0209

ひっくり返る曉璘。
ところが曉璘は動いてるときこそ珍妙ですが、寝相は極めて普通です。
柔軟性がないからなのかもしれません。

IMG_0141

我が家で仰向け寝相なのは麿白先生と翡文。時雉もたまに仰向けになってます。
四護も、世話人のお宅でくつろいでるときは仰向け寝相だったそうです。うちでも最後の方はそうでした。

IMG_9749

参瑚と曉璘とチャー坊は仰向けになりません。
もちろん、甘えてるときに転がせば仰向けにはなりますが。
身体の柔軟性と、野良暮らしが長いと仰向けでは寝ないのかもしれません。

IMG_5574

モナさんも白熱宇宙猫教室の通信課程で、仰向け謎寝相で寝てるそうです。
メスでお腹を出す子はそもそも珍しいんですよね。
そういえば、みうちゃんも‥?

うちから巣立ったオスは結構仰向けで寝てるようですけど、メスはそうでない子が多いようです。

IMG_9405

みんな、ぼくみたいに自分が気持ちいいと思う姿勢で寝るといいよ。

麿白先生はここに顔芸がつきますからね。
人間の場合、ご家族がいると心配されそうです。



 ランキングに参加しています。1日1クリック、なにとぞ おねがいしますm(_ _)m
banner

 にほんブログ村 猫ブログへ