麿白先生の体調事態はいいのですが、首に小さなデキモノがあったので検診に行きました。
今回は、麿白先生とチャー坊の腎不全コンビです。

IMG_1409

なにさ!この前行ったばっかりじゃないか!なんで連れて行かれなければならないのさ!

麿白先生も意表を突かれてる様子。

IMG_1400

ウチュー船キャリーを出しただけでもう猫こたつ奥でこの顔。
ウチュー船キャリーは立てこもられると出しづらいらしく、診察室ではキャリーが解体されてました。

IMG_1406

まったく、なんでぼくが…ブツブツ。

デキモノは大きくはなっておらず、ただなんかやるにしてもまだちいさすぎるのでこちらも様子見という所で。

IMG_1403

そして今回はチャー坊の検診も。
いま、うちで一番病院行ってるのがチャー坊でだいたい週一くらいです。
1月はずっと好調を維持、1月半ばくらいからなぜか療法食を食べだして嘔吐もなくなり便通もよくて体重が400g増えて3.3kgまで戻ってきました。いまは週2回の馬刺しがご褒美です。

IMG_1404

そして病院だと無茶苦茶鳴くチャー坊。
四護がいた頃に一緒に行って、チャー坊があまりにも鳴くのでキャリーの中で四護がブチ切れて診察室で暴れたなんて事がありました。四護もなんか色々と思い出したんですかね…。
それ以降、チャー坊と四護は通院の日をずらすようにしてました。

IMG_1398

2020年夏前まではキャリーを出した状態でこうなってる事は考えられなくて、毎回結構ガチ目な鬼ごっこをしていました。今も逃げますけど、かつてほどのパワーもなくチャー坊も諦めます。

そしてチャー坊も問題なし。
心臓などは問題ないので、輸液も毎日100mlちょっとできています。
前は輸液も逃げて途中で強制終了とかもしょっちゅうだったんですけども。

IMG_1297

しょうがねえわ、ああ、しょうがねえさ…。

輸液や投薬やらないと甘えさせないですからね。観念しています。
あとは、元ボス猫ではありますがプライドがそれほど高くなくて他猫の前でも全力で甘えるというのは大きいと思います。

チャー坊の鬼門は春から夏、冬が得意なようです。ここで体力を蓄えておこう。




 ランキングに参加しています。1日1クリック、なにとぞ おねがいしますm(_ _)m
banner

 にほんブログ村 猫ブログへ