本日YouTube動画にしたとおり、前住居で一度だけ参瑚が出待ちしたことがありました。



参瑚はほとんどこっちに来ることはなく、まず公園付近、そして四護と同居するようになってからは公園から少し離れて南側の方まで来るようになってました。
自分の当時の前住居はさらに200mほど南東の方角だったので、そこで道路を2つ挟んでると猫にとってもハードルはたかいはずなんですね。

2015-06-14 05.04.42

まだ四護との仲が険悪になってなかった2015年6月の出来事。
公園から流れキジトラが去る、老猫一家との仲が険悪になり公園を追い出される、四護に合流する、四護の拠点付近に居座る…の流れです。
参瑚が徐々に居場所をなくしてるのは、参瑚が悪いんですけども。

DSC04226

2014年末頃は公園付近にもよく来ていた釿汰。
流れキジトラが2014年末くらいに勢いをなくした頃に公園に再上陸、そして2015年春〜夏に四護が現れて、公園の方には近寄らなくなりました。
その時期に、茶トラ3兄弟ともよく遭遇してたようです。
茶トラ1号は変な絡まれ方されて相手にせず、弐醐をなぜか目の敵にして、参瑚とはどちらかというと参瑚のほうが譲っていた感じでした。

DSC04238

そんな矢先の参瑚の出待ち。なんでお前、俺の家知ってるんだよ。
猫社会ではうまくやれませんでしたけど、やっぱり参瑚は賢い猫なんだなと思います。

DSC00918

なんだか、外から珍妙な圧力を感じるやい。どうしたことかやい。

同じ日の時雉。まだまだちび時雉でした。

DSC04231四護

ちなみに、釿汰の2014年末の公園再上陸の同じ日にモノクロ模様のニクいやつの画像がありました。
節目節目でいるのね。誰だよお前。



 ランキングに参加しています。1日1クリック、なにとぞ おねがいしますm(_ _)m
banner

 にほんブログ村 猫ブログへ