我が家には日常的に薬を飲ませねばいけない猫がそこそこいます。


翡文1日2回、目薬も2回。これは状態によります。

飲ませ方はこんな感じで、コツは舌の真ん中の奥に置く感じ。うまくいくと何されたか解らないくらいな感じになるようです。


IMG_1457

曉璘は飲み薬はないですけどサプリメントを。
直接口に放り込む方式の方が楽なのと、曉璘は投薬すらも何されたか気づかないというありがたい鈍感さ。それで命拾いしたというのだから猫生何が幸するかわかりません。
投薬できない猫だったら、その衰弱状態から復活するのは相当な時間がかかって体力も消耗したはず。

IMG_1199

問題は、投薬できない猫ですね。
やはり口に何かを放り込むって、普通の野生動物にはできないはず。
参瑚も相当リラックスしてる時でないと難しく、うまく成功させないと次からはもう逃げてしまいます。

その場合は、ちゅ〜るに混ぜて飲ませる方式。
これは割と投薬でもメジャーな方法だと思います。
粘度の高い投薬用ちゅ〜るとかあるくらいですし。

IMG_1260

参瑚はそれで薬を飲んでくれるので、いつもその方式です。
しかし、それでもダメな猫もいます。薬を上手に避けてちゅ〜るだけ舐めるとか。

そうなったらもう病院で長い期間効く抗生物質を打ってもらうとかそんな感じに。

IMG_6101

投薬の可否は本当に命を左右する問題で、麿白先生と翡文はそういう意味では本当に自ら命を伸ばしたと言えると思います。

投薬の可否は、下手したら、病院行けるか否かよりも大事かもしれません。

投薬の訓練は何かやり方があるのかどうか。膝上で撫でる、リラックスさせるっていうのが近道なのかなとは思うものの。



 ランキングに参加しています。1日1クリック、なにとぞ おねがいしますm(_ _)m
banner

 にほんブログ村 猫ブログへ