MUDAI

ジャンルを問わない個人的な考察と独り言

転載、引用、リンクは自由ですが、他者に不快感や誤解を与えない配慮と、管理された環境下での使用、用途に限らせて頂きます。

貧乏くじを引かないように

新しい仕事の商談話を聞く毎に、それが今後利益となる受注なのかと疑って見ている。
営業担当は、新規の仕事が取れれば業績増に貢献できるとしているのだろう。
しかし、先を見通せる経営者ならば、利益が見込めないと判断したのならば、
見積もり段階で高めの単価設定を押し通させ、やんわり辞退させて、
もし受注したとしても、初期投資回収だけでも確実に出来るようにするだろう。
商談取りたくて他社競合の末、赤字覚悟の単価設定で受注するも、その後負担に陥る例も多い。

最近の話だが、「今まで一定量の受注があったのに1月は半減して暇だ」と担当者が嘆いていた。
激減した品番から察して、特にイタリア企業向けが激減してると言う。
受注が半減すれば他部署、他事業所への応援に駆り出されるから嫌なのだろう。
以前から技術進歩による構造変更で、その部品の需要は減るだろうと思っていた。

今後、コスト減も踏まえて二つの物を一つに集約したり、
多くの機能を兼ね備えた部品開発が進むが、これは重量減、エネルギーロスにもなる。
部品の簡素化、集約化により需要が減ると思われる仕事は、
新規に受けない、あるいは避ける事が賢明な判断だろう。
しかしながら無いと困るので、元請け側もリスクを考慮して単価見直しを
する必要もある。
現実問題として、その事を想定し多くの元請け企業では、今後不採算に陥るであろう部門を廃し、
人的コストの安い二次、三次下請けに全て移管させる流れが進んでいる。
これは、アメリカ企業がメキシコに工場を移管する流れと同じだ。
新たに受注した下請け企業は、需要が減ろうが部品使用が全くのゼロになっても、
生産終了後の補給部品供給義務のある10年程は、最低数だけは作らされる事となる。
儲からない業務を下請けに移す流れが進み、企業間格差は拡がる一方だ。
政府は、このような状況も踏まえた対策を講じるべきで、
斜陽産業への新規事業への移行を推進、資金補助、免税等の政策が必要だろう。

例を挙げると、エンジンからの駆動で機能するパワーステアリング用ポンプを、
モーターによる電動化で駆動ロスを減らす。
発電用のオルタネーターとスターターモーターを兼ね備えたモノ。
これは、日産とスズキが既に簡易ハイブリッド機構として採用している。
今後は、エアコン用コンプレッサーも電動アシスト化させ、
燃費悪化する状況下でのモーター駆動を利用する等も考えられる。
高効率のモーター、バッテリーの開発で完全電動化も可能だろう。
ターボ、スーパーチャージャー等の過給機さえも、現在モーターアシストターボは存在するが、
今後は完全電動の過給機も開発されるだろう。
今後エンジンの役割は、高効率な状況下で走行する事だけに特化させ、
補器類の駆動としては利用しない事だろう。
それにより不要となる部品が多く発生するが、全てに製造元が存在する。

ところで、イタリア企業で大口需要と言うとフィアットグループだろうが、
フィアット車の生産が大幅に減ったのではなく、主要車種のエンジン系統更新、
部品の簡素化、最新技術採用の比率が上がったのだろう。



ダークサイドに陥る

映画スターウォーズで使われ、広く知られる事となったダークサイドと言う言葉。
これが人間の心の内面に潜む憎悪、欲望、嫉妬、妬み、恐怖、不安等の暗黒面を、
自身の行動活力、モチベーション、エネルギーとして最大限に利用出来る資質、
才能、能力を開花させる為の契機となるのだろうか。
毒を持って毒を制す、毒によって浄化するようなモノとなり得るのか。
必要悪と言う例えも同じようなものか。

思い切った変革、改革を成し遂げる為には、暗黒面を引き出す事も必要かも知れない。
自分は対外的な交渉、対応に多少なりとも必要な事だと思う。

本当に世の中を変えなくてはならない局面で、常に紳士的な対応で解決できるとは思えない。
殴られても黙ってもう一発殴らせるか、あるいはひれ伏してひたすら許しを請うか。
殴られたら即殴り返すか、殴られた事を切っ掛けにして徹底的に叩き潰すか。
その時々の対処で、その後の流れは大きく変わる事だろう。
状況に応じ、使い分ける事は絶対に必要だと思う。

トップは常にいい人を演じるだけではダメだと思う。
たとえ善意、良心に満ち溢れた人物でも、悪魔さえも味方に付く強さと運も必要な時代なのかも知れない。
「仏の顔も三度まで」のことわざがあるが、四度目は真逆の存在になると言う事だろう。
やはり昔からダークサイド、暗黒面は必要悪なのだ。
ちなみに、戦国時代での天下統一は、暗黒面の力を最大限に引き出せた武将でなければ成し得ない事だったのだろう。

浮かれるなと

今日は冷え込みが強く、昼過ぎから毛布に包まり寝てしまう。

軍神は別に正義の味方でも無く、人の為でも無く、
ただ与えられた指令に基づいて行動しているだけだろう。
今日のその姿は黒に近い灰色一色で、左肩と胸部のプロテクターに、
赤い恐ろしい顔のような模様が描かれている。
魔物のように吊り上がった目、歯をむき出しにして開いた口、
それは何となく悪の字にも読める模様でもある。
手甲に黒色の当てを付け、赤く塗られた手袋をしている。
「勘違いするな、俺の行動はお前らの為では無い、飾り物など不要」と。
言葉では語らず、その念だけが自分に強く伝わって来る。
強い怒りと否定してくる雰囲気の原因は判らない。
何で直接語らないのだろうと思った途端、
「浮かれるなよ、全ては長年に渡る人の愚行が元凶だ、
屍を踏みつけてでも必ず粉砕する」と語る。
今日は特別機嫌が悪くて怒りのボルテージが最高なのだが、
特に気に障る事でもあるのか。
記事検索
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ