NNE-KAIとは、ネビュラ、ネオ、エイトを改新した意。
当ブログで勝手にネビュラと表現する未知の筐体は、
アメリカ国防総省が認識する「UAP」同様の存在と考えている。
転載、引用、リンク、関連する創作、当ブログとの関連付け、
ブログ記事の引用、まとめ等は原則自由。
但し、無制御、無管理、放置された環境下では一切認めない。

ネビュラの警戒度とは、宇宙由来の変異(太陽風、電離層、隕石量)、
大国の軍事行動、実験等に対する興味度の高さが指針となる。

国防総省による隠蔽工作か

先月、ピラミッド型UAP映像が公開され、アメリカ国防総省が認めた件に対し、
ここ数日、疑問が払拭できず夢に見る程であった。
再度検証したところ、公開された映像の不可解な点に気付いた。
この件で重要と思われる映像は、ピラミッド型UAP映像では無く、
球が海中に落下する過程を示す3枚のモノクロ画像である。
これは元は動画と思われ、動画から3コマを画像として抜粋したのだろう。
3枚の画像には、球状の物体が落下する過程が捉えられており、ブレや残像は見られない。
高速で海中に突入する物体を、高速度カメラで連写したとも考えられるが、
しかし、撮影したのは軽巡洋艦オマハ(1945年退役)としている。
その当時(太平洋戦争時)に、高速度で落下する物体をズームで高速で連続撮影できるカメラが、
敵軍監視用として軽巡洋艦に備えられていただろうか。

マスコミ同様、自分もアメリカ国防総省の発表に騙されてしまった。
最初のマスコミ報道での誤報を、後に声明を出した国防総省が
意図的に訂正、補足しなかった可能性もある。
自分は、アメリカ海軍軽巡洋艦オマハとしての見解を述べた。
太平洋戦争以降、オマハの名を持つ巡洋艦は他に存在しないからだ。
参考記事:ピラミッド型UAP

特に注目すべき画像と思えたので、何度も繰り返し見るうち、
3枚の画像には照準が映し出され、撮影された高さが低い事に疑問を抱いた。
巡洋艦の監視塔ならば数十メートルの高さで、海を見下ろす感じとなるが、
水平線と海の比率、見下ろし角度から、潜水艦の艦橋か潜望鏡による撮影と思えた。
2019年の映像と、1944年前後の映像が同時に流出した事も不自然である。
この3枚の画像は2000年前後に撮影されたと考えるのが普通だと。
辿り着いた結論は、軽巡洋艦オマハにより撮影された画像では無く、
原子力潜水艦オマハにより撮影された動画からの抜粋画像であると。
動画は厳重管理指定とされ、別のファイルへ最重要機密として保管されていると考える。
抜粋された3枚が通常の機密文書として保管されていたのだろう。
動画にはUAPの海中突入前の一部始終が収められていて、
その内容から、最高レベルの機密文書扱いとされている可能性がある。
ロサンゼルス級原子力潜水艦オマハは、1978年就役、1995年退役しているので、
このUAP映像は1978年~1995年の間に撮影されたと考えられる。
軽巡洋艦オマハ USS Omaha CL-4、
原子力潜水艦オマハ USS Omaha SSN-692
巡洋艦と潜水艦とは形式表記が全く異なり、間違えようが無いが、
アメリカ海軍艦船オマハによる撮影との発言、記述に、
マスコミが勝手に軽巡洋艦オマハと決めつけたのだろうか?
しかし、知名度的には原子力潜水艦オマハと考えるのが自然で、
太平洋戦争時の軽巡洋艦オマハを連想しないだろう。
元となる資料に、USS Omaha CL-4の記述があったのだろうか。
充分な確認を怠った報道は、UAP関連報道の信用度を低下させる要因となる。
オマハの案件は、球体が海中に突入後に周辺海域を調査したとされるが、
原子力潜水艦による海中調査と見るのが普通だろう。
一部報道では、USS オマハが2019年に遭遇したと記述しているが、
2019年には、軽巡洋艦、原子力潜水艦、両オマハは退役、除籍されている。
元となる英文の資料には遭遇年の記述は無い為、USS ラッセルからの誤記だろう。
USS オマハについて確認を怠る記事が多い事は残念である。
マスコミも世間もピラミッド型UAP映像に注目し、球状UAP画像には注目しない。
モノクロで解像度の低い静止画像は、カラー動画に比べインパクトは無い。
こちらこそ注目に値すると考える者は少ないだろうが、それが狙いだろう。

参考:海外サイトによる報道
https://usmilitarynetwork.com/the-us-navy-filmed-pyramid-shaped-ufos-here-is-that-footage/
YouTube動画に収められる3枚の球状UAP画像に添えられた英文は、USS Omahaである。

駆逐艦ラッセルで気になった事

サンディエゴ沖の警戒空域でピラミッド型UAPを目撃したとされる、
(DDG-59)ミサイル駆逐艦ラッセルであるが、
2008年、軌道制御不能となった衛星の破壊作戦に参加していた。
対象は軍事目的の偵察衛星であり、原子力電池を搭載(詳細の公開無し)と予想され、
地上への落下により放射性物質による汚染も懸念された。
アメリカ政府は、大気圏再突入した場合を考慮する有事計画を策定した事から、
原子力電池を搭載されていたと考えられる。
大気圏内での放射能汚染を最小限に留める為には、この衛星を大気圏外で
大気圏再突入時に燃え尽きる大きさに破壊する必要があった。
その為に、アメリカ海軍が配備する大陸間弾道弾迎撃ミサイルを一部改良し、
衛星破壊ミサイルとして使用する事を計画した。
ミサイル駆逐艦ラッセルは、ミサイル巡洋艦レイク・エリー、
ミサイル駆逐艦ディケーターと共に衛星破壊作戦に参加した。
ミサイル巡洋艦レイク・エリーによる一発で、高度247kmの大気圏外で衛星を破壊。
サポートとして待機するラッセル、ディケーターの両艦が、衛星破壊ミサイルを
発射する事は無かった。
しかし、これら3隻はUAPが興味を示す対象となり得るだろうと。
映像に捉えられたピラミッド型UAPは米海軍所属の無人機と考えられるが、
この時、新型無人機に興味を示した別のUAPが、遮蔽状態で観察していた可能性もある。
海軍は何らかのデーターから別のUAPの存在を把握していたが、
別のUAPを極秘扱いとして隠蔽する為、あえて無人機映像を機密ファイルに収め、
世間に、「これは航空機」と思わせるように画策したとも考えられる。
2017年のUAP映像漏洩以降、漏洩に備えた隠蔽工作を仕込む事も考えられる。
映像が三角なのは、カメラの露出機構によるもので、本来は丸い航空識別灯だろう。
UAP出現事案に対し、アメリカ国防総省は、映像、人間の目撃情報以外の
様々な観測、分析手段で捉えたうえで、未確認航空現象と認定している。
トランプ政権時の元国家情報長官ジョン・ラトクリフ氏も、パイロットや衛星による
単独の情報ではなく、複数の検出装置が原因不明の現象を報告していると発言している。
トランプ大統領が在任時、国防総省がUAP映像を機密扱いだった映像と認めたが、
大統領本人はマスコミのインタビューに対し、興味を示す事も特に言及もしなかった。
その後、自らが国家情報長官に指名したのがジョン・ラトクリフ氏であり、
UAPに懐疑的、中立的な見解を持つ人物を選んだと考えていた。

キナ臭くなってきた

先週、沖縄ホワイトビーチに原子力潜水艦イリノイが寄港した。
イリノイは、大西洋のカナダとの国境に近いコネチカット州、
アメリカ海軍潜水艦基地所属で、沖縄基地までやって来た事は意外。
就役から4年程の最新鋭艦であり、沿岸の浅い海域からの陸上攻撃を重視した艦で、
アメリカ海軍の特殊部隊、海兵隊の輸送と支援能力を有す。
敵陸上基地攻撃用として、垂直発射式トマホークミサイルを配備している。
同じバージニア級原子力潜水艦は、ハワイ基地にも多数在籍するが、
イリノイが、遠いコネチカット州の基地から派遣された事に興味がある。
ハワイ在籍のバージニア級に対し、イリノイはブロック3の改良型である事から、
何らかの訓練、試験の目的で派遣された可能性もあるが、
中国による台湾への軍事行動、北朝鮮の軍事行動に備えてだろうか。
ロシア軍の動きも予断を許さない状況であり、キナ臭くなってきた。
4月中旬には、原子力潜水艦スプリングフィールドも横須賀に初寄港し、
垂直発射管を装備したロサンゼルス級ブロック3の艦である事から、
トマホークを用いての地上攻撃能力を見込んでの派遣であると考えられる。
現在は、牽制目的での艦艇派遣の段階を越え、臨戦態勢の段階に入った事で、
対艦攻撃よりも対地攻撃を重視しているのだろうか。
オハイオ級で配備が進むとされる、低出力核弾頭の搭載は無いだろうが、
通常弾頭でも、トマホークミサイルの同時大量発射で大きな戦果を得られる。
原則として軍事拠点のみを叩き、民間人が居住する都市を標的としない。
トランプ政権時よりもバイデン政権の現在、一発触発の危険が高いと思える。
前政権から続いた軍事的牽制による警告、観察から、
不測の事態に対しては、即時軍事力行使へと方針が変わりつつあると感じる。
アメリカ東海岸基地所属の海軍艦艇が、次々とアジア方面へ派遣されている。

アクセスカウンター(兼:カラーシグナル)   ネビュラからの警戒度に応じ青緑黄赤と変化
  • 累計:

プロフィール

NNE・KEIN

記事検索
月別アーカイブ
ブログ推奨、猫用医薬品
マイメジン、コバルジンは獣医から腎不全と診断された猫に投与、 危険因子を持つと診断された猫には、予防として一日量の半分(200㎎)を数日間隔で投与している。

動物用マイメジン細粒 猫用 400mg×84包(動物用医薬品)

価格:5,940円
(2021/4/26 20:50時点)

コバルジン 猫用 400mgx90包(動物用医薬品)

価格:7,570円
(2021/4/26 20:57時点)

猫の歯周炎は食欲不振、各種病気の原因となる場合もあり、口臭の強い猫は歯肉炎の可能性が高い。

ナノウエル オーラルケア 猫用 20ml nano WELL 口臭 予防 防止 歯磨き 洗浄 抗菌 歯磨き 安心 安全 ケア 口腔ケア 歯石 歯垢 洗浄 細菌 トラブル 歯周ポケット 大豆 大豆油脂肪酸 愛猫 CAT キャット 使いやすい 簡単 かんたん 歯周病

価格:3,300円
(2021/2/20 13:57時点)

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • ライブドアブログ