若い頃、ある一年間に骨折3回と怪我ばかりしていてたが、
地方戦ではあるが戦績も悪くなかった。
2月初戦優勝、3月2位、4月2位、GW中の練習走行でアクセル戻らず、
全速で転倒し右手首を完全骨折。
9月復帰4位、翌週練習走行で、連続ジャンプの二つ目に後輪を引っ掛け
前転し左鎖骨完全骨折。
11月復帰5位、翌々週練習走行で、コーナーでアクセル側に転倒した所に
偶然大きな石があり、右小指を完全骨折。
12月復帰最終戦6位でシーズン終了。
翌年昇格、初戦で大ジャンプ着地でバランスを崩し転倒は免れたが、
衝撃で背骨を傷め有名な整形外科に通い治療に専念。
9月復帰優勝、翌々週コーナーで右足を引っ掛け靱帯損傷。

こうなると、何か悪いモノに憑かれてると思いたくもなる。
日頃から神社仏閣に縁遠い自分も、神頼みをしないといけないかと思い、
まず、虚空蔵菩薩を写仏した。
そして、その仏さまの寺で怪我除け祈願し、お札を購入した。
その寺では無料で配布の交通安全のお守りステッカーを数枚貰い、
それをマシンの前、左右のゼッケンプレートの裏に貼った。
そして、虚空蔵菩薩を表す梵字も太字マジックで書いた。
その後は不思議と、大きな怪我は皆無だったし、
現在まで医者のお世話になる程の怪我は記憶に無い。
亀裂骨折程度はひたすら我慢して、湿布と痛み止めで乗り切って来た。
最近の手の負傷は数か所亀裂骨折したと思える、独特の痺れたような痛みが残るし、
負傷直後、鉄紛の匂いと貧血になったので折れたなと思っていた。
まあ、周りには何事も無かったようなフリをしてやせ我慢で勤務を続けたが、
その夜は一睡もできない痛みだった。

160405_2034~01

部屋の北側天井直下の壁に、画びょうで留めただけの写仏画。
メモ帳にえんぴつでさらっと書いただけだが、未だ数十年残る代物。