昨日、急な土曜日出勤だったが昼で終了した。
同僚に、自分は昼食取ってから施錠して帰ると告げ一人残る。
午後1時頃、帰宅する為に自分の車に行くと白く細かい灰のようなモノが、
まるで上からふりかけられたように付着している事に気付いた。
そのままワイパーでフロントガラスを払うと白い汚れが残ると思い、
屋外の散水ホースまで車を移動して洗い流していた。
その時、ヘリの爆音が聞こえてきて上空を注視していると、
社屋の向こう側を濃いグレーのヘリが横切った。
慌てて車の中から携帯を取り出し、撮影を試みるが間に合わなかった。
右から左へ横切って飛んで行ったが、機首下部に数メートル突き出した長い棒を備え、
窓が多い大き目のヘリだったが民間ヘリでは無い事は一目見て判った。
航空自衛隊機と意識したが日の丸は確認できず、南の逆光となる方向へ飛んで行ったので、
小さい何らかの識別記号らしきモノを確認できただけだった。
その後、車の給油とオイル交換、買い物等で店舗を数件巡る。
大手スーパーから帰宅しようとした時、突然光が輝き出したような気がした。
午後五時半、北西の空に何となく横長の光に見えるのだが今回のは遠く感じる。
携帯カメラを2M設定(1600x1200)の最大ズーム、オートフォーカスで撮影した。
帰宅後PCに落として確認するが、変な形で不鮮明なのでネビュラなのかは不明。
あの白い灰状のモノは触ってはいけない、水で洗い流す必要を本能的に感じたのだが、
どこから飛んで来たのだろう?付近に野焼きとかする場所も焼却炉も無い筈だ。
周辺企業も休日で工事等も行われていなかった。
昨夜は異常な疲労感を感じ、珍しく午後9時頃に寝た。
16、115

16、115x500%
500%拡大画像で、何となく左側は三つの光の集合体に見える