夕寝していた。
おかっぱの声だけが語り掛けて来るが、声のトーンがいつもと違い、
まるで電話から聞こえてくる声だ。
「あれは心配ないよ、厄除けに撒かれた米粒のようなものだからさあ」。
自分が、「おまえのいたずらだったのか」と大きい声で叱る。
「おれじゃない、いつものあれだよ、でも遠くからは様子が判らなくなくなるんだよ」と、
あれを撒いたのはネビュラだと示唆した。
ところで遠くからって、遥か上空からの探索に対しステルス効果でもあったのか?
まるでガンダムのストーリーに出るミノフスキー粒子だなと思った。
一体何の様子を隠蔽する必要があるのだろう、ネビュラは隠蔽できるのだろう。
「ところで、何で隠れて姿を現さないんだい?」と尋ねるが、
おかっぱは無言のまま、その後の会話は成立しなくなる。