アクセル全開などは、公道走行での通常時では滅多に無い事だろう。
坂路走行時、急加速でも余程の事が無い限り一瞬でのべた踏みは無い。
非力で原付程度のパワーならばありうるが、自動車には登坂、追い越し等を想定し、
パワーには法定速度維持以上の余裕を持たせている。
レースならば常にアクセル全開を繰り返すが、速度制限のある公道で、
一瞬でべた踏みするほどの加速をする場面は無いと思う。
登坂時、追い越し時に徐々にアクセルを踏み込んで、結果アクセル全開に達する事はあっても、
コンマ数秒の瞬時で全開にまで達する踏み込み方をする状況などは無い。
そんな場面を多用するのは、公道でのレース気分の運転をするドライバー位だろう。

だからアクセル全開の位置にリミットスイッチを設け、スイッチONで
エンジン点火カット、あるいは燃料供給カットすれば踏み間違い暴走の対策となるだろう。
電子式アクセル機構ならば、アクセル開度でリミットの設定をすればいいだけ。
アクセルとブレーキとを間違えて目一杯踏み込むから、全開急加速して突っ込むと思う。
パワーを遮断すれば失速するから、停止時あるいは徐行時からの一瞬で踏み込む間違えならば、
AT機構の駆動伝達タイムラグもあり充分な加速までに至らず、
惰走程度の衝突に抑えられるだろう。
障害物をなぎ倒しながら突き進むような重大暴走事故は防げるだろう。
自動停止ブレーキ機構付きならば、これと連動させれば良いだろう。
滅多に無いとしても、べた踏みする事も想定する必要があると言うのならば、
全開まで踏み込んで尚、強く押し込もうとする力でのみ作動するトルクリミット式スイッチを設ければいい。
アクセルをブレーキと勘違いして思いっきり踏み続けるのだから。
自分は以前からこの安全装置の事を思いついていたが、
自分の知る限り、自動車メーカーも自動車用品メーカーも実用化していない。
昔、非力な軽自動車用の後付けエアコンには同様の機構が追加され、
登坂、急加速時にエアコンのコンプレッサーの電磁クラッチを切り、
エンジン負担を軽減していた。
自分はこれをヒントにスグに思いついたのだが。
ちなみに自分はモトクロス練習走行中、燃料供給側トラブルが原因で
アクセル全開のままコーナーで大クラッシュ、手首骨折と全身打撲の重傷を負った経験がある。
予期せぬアクセル全開での事故を自ら体験しているからこそ、この提案をする。
安易な機構なので、自動車用品メーカーでも商品化可能だと思う。
自分の記事に説得力があるかどうか判らないが。

最近コンピューター制御され、意図しない急加速を検知すると停止させる製品も販売されたが、
それを事故を起こす前に購入しなければ意味をなさない。
価格面と、取り付けの手間から多くに早急に普及するとは思えない。
極力安価で簡易的な商品だとしても同じ、自分は大丈夫と思う人が大多数。
結局、メーカー標準装備しか意味をなさないだろう。
エンジンプログラム変更だけでこれが出来る車種ならば、早急に無償変更する必要がある。
電子スロットル搭載車ならば可能だと思うのだが。
そう言えば、アクア、プリウスでの事故も目立つのが気になる。