今が儲ける大チャンス、この機を逃す事は愚かと、冬のボーナスや退職金の多くを投機に回す。

トランプ候補が大統領選に勝利した数日後から相場が上昇を始め、
現在も上昇中だが、まだ実際には政策は何も実行されてないし、
その上昇要因の全ては経済予想、期待からだろう。
ちょっとした事を切っ掛けに、脆くも崩れ去る危うささえ感じる。
しかし、その際に損どころか莫大な利益を出す大口投資家が居る事だろう。
もしかしたら予め仕組んでおいて、その直前に充分な利益確保したところで、
一瞬にして大量に売り払い退散するかも。
大きな天変地異や国同士のちょっとした紛争、経済界の大スキャンダルでも
それは起こりうる。
今はマネーゲーム的なバブルと同じだから、後に賢明な人だと言われる人は欲を出さず、
もう潮時だろう、利益は確保したから自分はこれで充分と売り抜けた人だろう。
いやまだ上がる、もう少し、もっと利益増やしたい、更に買いと粘ってるうち、
突然の大暴落が来るかも知れない。
ギャンブルと同じで、一部の大勝ちする者と多くの大負けする者と二極化するだろう。
当然、皆には利益は出ない、負ける人が出ない事には。
今は煽りまくりの見せかけの上昇だろう。
今回は、富裕層が更に資産を増やす契機なのだから。
だから、富裕層もかって無い程の資金を投機に回しているだろう。
原油高にしても、実際には余っているのを減産したところで、
原油由来の消費物全てに於いて高効率化が急速に進む今後、
原油高になれば更に使わないようになっていくから一時的な事だろう。
高くても生産量が少なくては収入も頭打ちになり、
値下げしてでも大量に売りたい国も続々と出てくるだろう。
植物由来の燃料、プラスチック、ゴム製品も技術革新が進み今後増える事だろう。

富裕層が、富裕層以外の多くの人達が無理をして、又は借金で捻出したお金を
後で回収するのだ。
今年の年初、春までには日経平均二万円を大きく上回るとの大方の予想だったが、
その期待は脆くも崩れ去った事を忘れてしまう人が多いのだろう。