改善提案を積極的に出さなければならず、効果の大きい事例を多く持ってはいるが、
相手に伝わるようなプレゼンが必要だ。
ランクの高い評定を得るには、それが他にも応用、転用できる内容でなくてはならない。