自分は単なる道具としての存在で、鞭としての役割で使われている。
その部分しか思い出せない。
ストーリーがあって、どこかで長い時間を過ごした感覚だけがおぼろげにある。
何となく思い出せそうなのだが、やはり出てこない。
とても引っ掛かる、何度もあれは何だったんだと。