最近、会社上空を戦闘機が通過するようになった。
轟音が建物内にまで響くから、低空飛行にもかかわらず、
相当な速度で通過しているのだろう。
偶然、屋外に出たタイミングで戦闘機の上空通過に遭遇したが、
濃いグレーの機体のすぐ上を、まるでゴーストのような黒い機影が重なった状態で通過した。
航空自衛隊機かを確認する為、日の丸が描かれているか目を凝らしたが判別不能だった。
ちなみに機体はF-15、F‐16でも無さそうで、古いF‐4でもF‐2でも無い。
自分が今までに見た事も無い、直線的なラインで構成された機体だった。
自分の推測だが、上空で遮蔽待機状態のネビュラから何らかのエネルギーが照射され、
この機体を解析調査していて、その反射で真上にゴーストの影が映し出されたのでは。
もしネビュラ同様の完全遮蔽された機体だとしても、影を映し出された時点で遮蔽機能は無効化される。
最近、巨大な早期警戒機も、軍用ヘリも見なくなったと思っていたら今度は戦闘機か。
見慣れた日の丸が全く確認できないのだから、自衛隊機では無いかも知れない。
これが小さい星ならば、下から見上げた逆光状態では目立たないだろうし、
自衛隊機は明るいグレーだと思うから、濃いグレーだから米軍機だろうか。