去年の8月末に機影を撮影した日以降、E-3を全く見ない。
同僚が、「この前、昼休み中に社屋の上空を低空で通過したよ」と言ってきた。
聞くと、丸いレーダーは無かったが、灰色で旅客機並みの大きさだったと言う。
E-3のような機体で乗客用の窓が無かったと。
まあ航空自衛隊機かアメリカ空軍機だろうが、「ジェットエンジンは何発付いてた?」と聞くと、
「そこは意識してなかったけど、主翼がごちゃごちゃした感じだったと記憶してる」と言う。
自分は二発ならばすっきりした主翼に見えるだろうから、その機は四発だろうと思った。

帰宅後、該当する軍用機を調べると、アメリカ空軍E-8がよく似た特徴を有していた。
空から空域を監視・管制するE-3に対し、E-8は空から地上を監視・管制するとある。
嘉手納基地から飛来するのだろうか。