こんな夜中に起きてしまい、目が冴えて眠れなくなった。
御内裏さまが感情を表に出す事無く淡々と、「潰し壊すべき標的はあいつらからだ」と、
呟いたからだ。

何故か?その時、硫黄と言うか火薬のような匂いがして、
その後、鼻先に鉄粉をふりかけられたような、ツーンと脳に直接伝わる匂いも感じた。
それは顔面を殴られた時のような、血液中の鉄分の匂いとでも表現すべきか。
ボクシングでノックダウンする時はこんな感覚なのだろうか?

御内裏さまの呟きには自分も同感だ。
何を指すのかは、自分にはその光景が即浮かんだから理解できた。

混沌とした様相を見せ始めた世界情勢に対応し、
今後、日本はどうあるべきかを早急に論じる事が急務なのに、あいつらときたら。
先ずは、国内外の最優先とすべき重要課題に取り組み、戯言はその後にしろと言いたい。
時間の浪費と思える議論ばかりを抽出し、組織ぐるみで他の何よりも優先させ、
多くの重要な案件を放置停滞させている現状に怒りを覚えた。
早急に決めるべき法案、方針等の議論を進め、政治家個人の疑惑追及はその後にやれ。
そして責任を取るべき事実が確定したならば、辞任でも辞職でもしてもらえばいい。
しかし、ロッキード事件をなぞらえたような表現をした議員が居たが、
小学生が、いじめや意地悪目的で同様の悪口的な表現をするのと同レベル。
多くの原発事故避難者の子供が、同様の比喩した表現のいじめを受けている。
自分は、これには強い嫌悪感を感じた。
洒落のつもりだろうが、いじめ、原発事故避難者差別問題を唱える資格は全く無い。