よし、そう来たか。
それでいい、この機会こそ胆力を示す大舞台だ。
風を吹かす存在は、胆力のレベルを見て判断するだろうからな。
そして、不退転の決意を最も好む。
しかし、口先だけの不退転ならば弾かれるだろうが、
その覚悟を感じたのならば良しとするだろう。
あの存在は弱々しく、女々しい者は特に嫌う。
都合が悪くなると黙り込むだけの者は排除され、
都合が悪い事など全く無いとの態度で、臆する事無く余裕を見せる者は好まれる。
「さあ、ぶっ潰せ、ぶっ壊せ」と、遠巻きにエールを送っている事だろう。