何故か、方位磁石が指し示す方向と北極点、南極点とのズレの理由を考えていた。
地球のコアには溶けた鉄が球状に渦巻いていると言われるが、
そのコアをまるで透視したようなリアルな映像を見せられた。
想像していた球状のコアとは違い、ソロバンのコマのような形に変形していた。
それだけで理由も無く、北と南がN極S極となる理由に納得したが、
実際の南極点、北極点とは少し位相が見られるのは、
自転による溶けたコアの慣性モーメントの影響と思えた。