アメリカ海軍、原子力空母エンタープライズが退役して久しい。
第二次世界大戦中に完成したミッドウェイですら保存されているのに、
この世界初の原子力空母は現在解体中で、2025年解体完了予定だ。
ビックネームが消え寂しさも感じていた。
SFドラマ、スタートレックでも主役艦だったエンタープライズ、
さもファンもがっかりだろうと思ったが、
ジェラルド・R・フォード級3番艦として、エンタープライズの名が復活する予定だ。
予算が議会承認されれば、建造に着手し2025年就役予定だと言われる。
2番艦は現在建造中のジョン、F、ケネディだが、
キューバ危機を回避した大統領の名を冠した艦の次が
エンタープライズなのは、この名の復活を求める声が大きかったからだろうか。
トランプ大統領は軍事予算の増大を示唆しており、
中国が順次空母を建造する計画もあり、当初計画より遅延は無いだろう。