今は、山形県の日本海沿岸が監視に一番良い場所の様で、
北がミサイル実験の着弾点として設定してる海域が一目瞭然だと言う。
これに関連した理由で、各国の潜水艦もこの海域に多く潜んでいるから好都合だと。
ネビュラも現在この海域に興味があるらしく、定期的に滞空監視してると。
以前、海底から発泡させ海中での浮力を奪って沈めると聞いたが、
日本海にもメタンハイドレート層が多く存在するのだろうか。
空域での影響をもたらす方法は聞かなかったが、ネビュラが何かをするのだろうか。
それとも海から大気中に抜けた大量のメタンガスが影響するのか。
以前まで千葉県沖に居たのは、日本列島を飛び越えての太平洋沖への着弾を
予測して監視してたのだろうか。
最近は、アメリカがその弾道に対しては絶対に認めない姿勢を見せているから、
今は北がそれを選択しないと判断して日本海側に移動したのだろうか。