自民党の都連会長が、都民ファーストの会候補者の事を、
「都知事のイエスマンばかりのような云々」と演説していたが、
それは自民党も同じでは?と真っ先に思った。
また幹部自らが、自民党候補の足を引っぱるような発言してるなと苦笑した。
相手政党の誹謗中傷や貶める発言は、前回の都知事選で逆効果だと学習してない。
安倍総理はそれに気付いているようだが、側近らはそれを汲み取れない。
全て裏目になるとは思わず、自分の発言で民意を汲み取れると信じて疑わないのだろう。
そのうちに対抗政党に対し、構想も厚化粧とか党首だけが目立ちたいだけとか、
口をすべらして自ら墓穴を掘るかも。
表面上だけでも強い敵対意識を有権者に感じさせないように心掛けないと。
支持が拮抗した現状ではソフトな物言いに徹するしか手立ては無いだろう。

自分ならば、「公明党さんや都民ファーストの会の方々とも協力し、より良い都政を目指します。
次も自民党に任せて頂きたくお願いに参りました。」と演説する。