例えば7月31日と8月1日では1日の差しかないが、
その影響が数か月分に匹敵する場合もある。
例えば、商売に於いて一分、一秒でも早くと言う思考は、
顧客に対する最大限の努力と思えるからだ。
顧客(政治ならば有権者、国民全体)に対し、早急に要求に応じるのは義務だと思うが、
ほんの少しでも「相変わらずのんびり構えてる」と思われれば、
自浄改善意識が乏しいと思われ、何の変化も起きないだろう。