今月半ばで残業が規制を越える見込みで、来月も稼働日数が少ないので越えるだろう。
毎週土曜日は出勤が定常化している。
最近は行政からの指導が厳しく、毎月45h越えた時点で体調とストレス確認の為の面談を行う。
しかし、一部を除く多くの管理職は裁量制給与なので、
5万円程の役職手当のみで残業手当は付かないので気の毒だと思う。
しかも職能評定、評価は常に高いレベルを求められ、担当部署の成果
で左右され(稼働率、不良率等)、高評価を得るのも困難だと聞く。
自分には残業手当として報酬が支払われているので不満も無い。
50h程度ならば当然面談では心身ともに全く問題無いと答える。
若い頃から心身に大きなプレッシャーが掛かる事を続けて来たので耐性はある。
しかしながら、年齢を重ねる毎に耐性は落ちている筈で、
脳がそれに気付かずに、まだ全然大丈夫と錯覚してるだけだろう。
大丈夫と自分に言い聞かせて、やせ我慢を続けてるだけかも知れない。
突然、心身が急変し会社を長期間休む者も居る。
ちょっと前まで元気そうで、そんな素振りも全く無かったのだが。
自分もそれを目の当たりにして、他人事と思わないように戒めないと。
とりあえず加齢に伴う耐性低下を補う為に、βグルカンの摂取をしようと。
武道時代、筋トレ、耐久能力向上トレーニング効果を上げる目的で、
海外から高純度アミノ酸、高濃度ビタミンE、シベリア人参等を個人輸入していたから、
サプリメントによる摂取に全く抵抗は無い。
いつも自分の体を実験台にして効果の判断、判定をしてきたが、
武道から退いた時点でアミノ酸等のサプリメントの摂取はしていない。
日常生活では必要としないモノを過剰に摂取する必要は無い、
普段の食事で充分だ。

今回、試す事にしたのはネット検索で見つけた「MMSハナビラタケ」なる商品。
βグルカンを大量に含むキノコの粉末なので、通販で一袋だけ購入して試してみる。
猛暑が予想される今年の夏を心身ともに変わらずに乗り切れればいい。
効果を感じなければ自分には合わないと判断するだけの事だ。

MMSハナビタケ
乳酸菌とのコラボに相乗効果を期待。
この手のサプリは毎日摂取する必要は無く、
過剰摂取は吸収率低下と細胞の反応が鈍ると考える。
これはビタミン類の過剰摂取と同じ事で、
自分は隔日摂取で充分と判断し、二か月分として認識した。
体に良いからと過剰摂取する事は薬と同じで逆効果。
何事も程々が一番効果的だ。