不本意ながら昼食後、時々起きるも夕方まで寝ていた。
これでは自分に有意義な時間を持たず、仕事と寝るだけの繰り返しだと反省もした。
朝からテレビを見ていたが、自分からすれば興味も湧かないつまらない番組ばかり。
かと言って何の予定も無く、これと言ってやる事も無く、やる気も起きず、
だらしなく横になっていた。
日々の仕事の緊張から解かれ、疲れが出たのだろうか。
最近、毎晩痛くなるまでの腹筋運動をしている事も原因か。
肉体の衰退を実感してきたので再開した。
体の衰えは丹田から始まる、つまり腹筋の衰えと考えたから。

いつの間にか面前に軍神が立っていて、
「お前にしては賢明な判断だな」。
それだけ言うと、くるっと背中を向けて去って行く。
いったい何の事だと考え込んでしまった。
自分に対し、少しだけニヤリとした表情を見せたように感じた。