本来違うコースでもっと遠くへ飛ばす予定だったと思える。
当初の予定だった、グアムを標的とした長距離弾道ミサイルの試射にしては、
飛翔距離が中途半端でグアムまで届かないだろう。
しかもこの高度、この軌跡ならばもっと遠くまで飛ぶと思える。
最高上昇点辺りで複数に分裂し、それぞれが近い場所に着弾したと伝えられた。
自分の考えでは、二段目ロケット点火に失敗して一段目筐体、二段目筐体、模擬弾頭に分解、
方向制御不能になり、三つ共々慣性の法則に任せた飛翔だったのかも知れない。
本来は、ここで更に浅い角度で上昇を続け、さらに数千キロ先で降下軌道に入り
飛距離を延ばしたのならば、5千キロ以上は飛んだかも。
本来の標的とした座標は全く違っていた可能性もあり、
自分は、アリューシャン列島付近まで飛ばそうとしたのではと考える。
今回の飛翔ルート、着弾点で北の狙いを察するのもどうかと思う。
北は、ICBM発射実験は大成功だと自画自賛するかも知れないが、
その真相は北のみぞ知る。