前回装着したファイヤーストーン製タイヤ、残り溝が少なくなったので交換する事にした。
安価な割に長持ちしたと思える。
サイド部のひび割れも見当たらず、片減りも無く均等に摩耗していた。
車重が1.8tもあるのに約4万キロ走行出来たが、スリップラインまでまだ3ミリ程ある。
ファイヤーストーンは現在ブリヂストンの系列会社なので、
自分の装着サイズはブリヂストンの日本工場製だ、ゆえに品質は良かったと思う。
再び、前回購入のブリヂストン系列タイヤショップに。

前回と同じタイヤでも良かったのだが、違うタイヤも試したいと思ったので店長に相談する。
ブリヂストンブランドで勧められたリーズナブルな銘柄に決めた。
総費用、税込み7万円だった。
普段から在庫を持たないサイズだそうで、タイヤの入荷まで数日待たされた。
店長の話では、タイヤメーカーの最新カタログ、ホームページのラインナップには載せないが、
系列タイヤショップ取り扱いのサービス商品、ロープライス商品扱いでの銘柄が存在し、
それは1~2つ前のモデルを、トレッドパターン、コンパウンド、品質は当時のままに、
ネーミングだけ変えて販売していると。
それを聞いてジェネリック医薬品のようなものかと思ったが、
当時の性能は維持している実質同一商品なので意味合いは違うかと。
これの現行モデルはタイヤ性能は向上されているが、値段が4万円以上高価だ、
一本当たり1万円の価格差があった。
つまり、旧モデルが1本単価1万5千円(税別)だとして、現行モデルが2万5千円前後(税別)。
峠を攻めたりスポーツ走行をする事もない、旧モデルだろうが性能差など関係無いと思った。
もしも自分が現行モデルに決めたのならば、もはや見栄と自己満足を得る為の差額だろう。

モトクロスレースをしていた当初、高価なヨーロッパ製ピレリを好んで使っていた。
その後ダンロップとブリヂストンからタイヤ支給のサポートを受けるも、
ハード路面以外は正直、性能はピレリには敵わなかった。
しかしピレリは品質が悪く、ブロックが千切れたり、サイド部変形等が多発した。
その後、ダンロップからピレリを模倣したようなタイヤが発売されてからは、
品質の高さもありダンロップが当時の主流となった。
公式練習後、予選、決勝毎に新品のタイヤに組み替える(タイヤ装着済みホイール2セット用意)。
その使い古しは普段の練習走行用に使っていた。

最近は大手カー用品ショップで格安な四輪車用タイヤ、ピレリP7を扱っているが、
当初ピレリのブランドに釣られ購入も検討した。
中国製なので安いがタイヤバランスが悪く、高速走行時の微振動とロードノイズも大きいと。
広告で価格を確認すると、ファイヤーストーンと変わらなかった。
ならばブリヂストンの日本工場製のファイヤーストーンの方がいいじゃないかと。