現在、ネット環境に於いて契約時に容量制限が設けられている。
スマホの急激な普及と、高解像度画像、動画配信が増えた為、
現在のシステムでのデーター通信総量が足りない状況となっている。
早急に新たな周波数帯を設け、総量を増やす必要が求められている。
ネット広告で多くのデーター消費している現実もある。
自分はPCに広告排除の設定を徹底した為、
以前よりデーター使用量が半分近くに収まっている。
広告、アフィの氾濫がユーザーにデーターの負担をもたらし、
制限に達してしまい、通信速度の急激な低下で悩まされるユーザーも多い。
翌月まで我慢するか、追加料金を払い容量を追加する必要がある。
自分の場合、クリックひとつで広告排除設定を解除できるので、
興味がある広告だけを見る事にしている。
広告排除設定にしているとネット閲覧が実にスムーズで、
広告による容量負担がいかに大きいかを感じられる。
広告垂れ流しの状態の弊害はユーザーの負担にもなり、
悪質な広告、ウイルスに感染した広告を思わずクリックしてしまうリスクも大きい。

自分がgooをホームページ設定しているのは、NTT系列が運営している信用と、
会社の業務上でのネット閲覧制限で、goo内の記事は全て閲覧できるのに、
他は遮断されるか、一部閲覧不可となる事がその根拠だ。
コンプライアンス、セキュリティに危機感を持ち、会社が新たに導入したシステムだが、
それが安全と認識しているのだろう。
このシステムではyahooは一部しか表示されず、 Googleは文字しか表示されない。
どの様な基準で排除されるのかは不明だが、社員が不用意に閲覧する事の無いように、
業務上相応しくない、あるいは不明なデーターが含まれている可能性が有るのだろう。

以前に、NSAとCIAの元局員スノーデン氏が述べていたが、
日本国内を対象とした個人情報収集システムが存在してるのだろうか。
自分にその危険を知らせ、極力回避、ブロックをさせる目的で、
勤務先も含めた一連の流れを生じさせたとも思える。
会社が突然このシステムを導入したからこそ、自分はこのような対応を取るに至ったのだが。
ちなみに、ほぼ全ての一般向けサイトは閲覧不能で、当然ライブドアブログもアメーバブログも閲覧不可。
業務上関連性の認められる企業のHPは閲覧できる。
社員が、個人的興味で閲覧すると予測されるサイトはブロックする設定の筈だが、
何故か、さくらインターネット、WordPress等、一部のプロバイダーのサイトは閲覧できる。
それと自分のPCは、Windows10の詳細設定での位置情報、
サービス向上の為と称されるデーター提供設定は全てOFFとしている。