新年早々、政府が検討中と報じられた。
F/A-18Fスーパーホーネットをベースとした、EA-18Gが候補と報じられていたが、
アメリカ海軍で運用実績があるから、これはベストな選択だろう。
専守防衛をより強固にする為にも、この機の導入は絶対に必要だ。

電子攻撃機から照射される強力な電磁波、妨害電波で、仮想敵のレーダー網、
武器、兵器等の電子機器を機能停止させる事が可能だ。

国家防衛の為には、仮想敵への攻撃能力無力化は必須事項だろう。
相手の電子機器をマヒさせ、攻撃能力を奪う事も専守防衛だ。
EA-18Gの愛称はグラウラー(うなり)と呼ばれているが、
これはオオスズメバチの羽音のうなりで、相手を恐怖で硬直させてしまう意味だろう。