とても眠くて目も半眼で朦朧としている時、
突然に頭がガクッと落ちて我に返る。

時間と共に次第に低下する防災意識と油断。
各地で中規模地震が頻発しているが、これを備えを確認する機会と捉え、
もう一度身の回りの防災対応を見つめ直すべきだ。
闇雲に必要以上の不安感を抱くのも禁物だ。
まあ、これら地震を取り上げて煽る者は居るだろう。
当然、大きな地震は何時かは来るだろうし、それは早いか遅いか誰にも判らない。
毎日その事に怯えて生活するのか?
それがいつ来るかを気に掛けるよりも、来た時の対応の方が重要だ。
ならば、それに備えて出来る限りの準備をする事が無難だ。
家具等の転倒防止、家屋の耐震補強工事、防災備蓄等幾らでもある。
不安だと思えば、安心感との引換だと思って投資すればいい。
職場、通勤ルート、行きつけの店舗、趣味やスポーツで通う施設等の防災確認も。

自分は2日夜、翌日に所用があり、関東の某ビジネスホテル高層階に宿泊していた。
震度3と報じられた地域に居たが、別段何の不安も感じなかった。
その直後、家族が心配して携帯に連絡して来たが、
「え?全然気付かなかったよ」と返した。