不信感を抱いた企業とは関わりを断つべきと指南を受けた。
僅かな関わりでさえも弊害で、それが故に中立公正公平の恩恵は得られなくなると。
利用しない、購入しない事が、関わりを否定した意思表示となる。