インドネシアが先に動いたが、マリアナ海溝も連鎖する事だろう。
最も深いマリアナ海溝が、最もマントルに近い。
しかも今年は粘っているが、動くと反動も大きい。
インドネシア、ロンボク島は、太平洋を挟んで中央アメリカと真逆の位置。
ハワイ島は中央アメリカの北西方向、
マリアナ海溝はインドネシア、ロンボク島の北東方向。
お互いの位置関係は、ほぼ釣り合う。
ハワイ島の活動が活発な間、マリアナ海溝は粘るだろう。
ハワイ島が小康状態になれば、マリアナ海溝が動くだろう。
マリアナ海溝沿いの、北マリアナ諸島からグアムまでの弓状のラインは、
矢を放つ直前の弦を目一杯引いた状態で粘っているのだろうか。