効率良く業務を遂行すれば残業は減らせる。
しかし、最大限に近い効率でも減らせない残業もある。
つまり、余裕のある残業、余裕のない残業は存在する。
余裕のある残業がキリギリスならば、余裕のない残業はアリ。
いざと言う時に、余裕のない残業は打たれ強いが、
余裕のある残業は脆い。