関東圏で繁栄していた一族は、身内同士の争いが元で没落した。
その子孫は関ケ原の戦いで敗北側に仕えていた為、繁栄は出来なかった。
やがて、子孫は水戸徳川家に仕える事となった。
その後、子孫の一部は中部圏の徳川家に仕える為に移り住んだ。