「EGOIST」、この言葉にとても惹かれる事から察すると、
自分もエゴイストなのだろうと。
強さに繋がるワガママは全て押し通すとの意味合いとしてだが、
物欲、金銭欲、地位、名誉欲等に関してのワガママの事では無い。

強さへの追及を求める「EGOIST」は、とてもカッコイイ。
「EGOIST」、決して負の悪い言葉では無い。むしろ正の強い言葉である。
EGOISTの言葉に魅了されてしまった。
政府、企業、個人、EGOISTを目指せと言いたい。
特に、国家防衛こそEGOISTを重要視すべきだ。

EGOISTでなければ強くもなれない、勝利を呼び込めない。
EGOISTだからこそ、「潰せ壊せ崩壊させよ」と声高らかに言えるのだろう。
EGOISTならば何事に於いても必ず勝つと信じ、負けは想定しない。
武道の試合での負けは死と考え、やり直しは無いと覚悟を決め、
不退転の決意で臨む者が勝利を引き寄せるのだろう。
これぞEGOISTの精神だ。