タイトル画像の元画像であるが、
ネビュラと、非ネビュラ飛翔体の二機が待機中であった。
非ネビュラはバードオブプレイの可能性も考えられるが、
そうなると、不気味な構図である。
異種飛翔体が連携しての行動なのか、ネビュラを追跡監視しているのか。
目的は不明であるが、これ以降はそれぞれの単独出現に留まる。
これがアメリカ海軍、空母打撃群の前に出現した場合、
脅威と驚きと共に、軍事的排除行為を諦めざる終えないだろう。
圧倒的な科学技術力を持ち、圧倒的な運動能力を持つ飛翔体である。
味方ならば心強いが、敵ならば恐ろしい存在となる。
そのどちらでも無いと判断された場合、完全スルーが無難だろう。
現在、アメリカとしては完全スルーしていると予想するが、
これらの飛翔体は敵、味方の判断、概念よりも、単に興味があるだけである。

ネビュラとバードオブプレイ
このダブルフォース、タッグフォーメーションをなめるなよ。
アメリカ空軍の極超音速飛行技術とやらを見せてもらおうか。
低空での極超音速飛行に付いてこれたら合格よ‼(DOSケン氏風に言うと)