MUDAI

ジャンルを問わない考察と独り言

転載、引用、リンクは自由、但し管理出来る環境下での使用、用途に限定。

政治的な話

試作機だが悪くはない

航空自衛隊の次期F-3戦闘機の開発に、ノースロップ・グラマン社が名乗りを挙げたと、
7月6日ロイターが報道した。 

今回、F-35と競合の末、不採用となったYF-23を持ち出して来たが、
二機のみ製作された試作機は、性能はF-35に劣らないと言われている。
ノースロップ・グラマン社は、B-2ステルス爆撃機、最新鋭空母を米軍に納入している。
政治的な公平と、軍事的契約額の企業間の偏りに対する批判をかわす為に、
ロッキード・マーティン社のF-35を採用したとも噂されている。
ノースロップ・グラマン社のB-2ステルス爆撃機は、一機が最新鋭イージス艦の建造費用に匹敵し、
系列造船企業で建造されたジェラルド・R・フォード (CVN-78)空母に至っては、膨大な契約額となる。
ジョン・F・ケネディ (CVN-79) も同社で建造中であり、エンタープライズ(CVN-80)も
同社で起工される事だろう。

YF-23は、B-2ステルス爆撃機の弟分でもあり、
性能はF-35に劣る事は無いだろうし、上回る要素はあったと考える。
YF-23の名はマクロスのバルキリーを連想するし、
1番機ブラック・ウィドウ、2番機グレイゴーストのサブネームにも秘めた底力を感じさせる。
まるで、ダークサイドの力を秘めてるかのようなサブネームだ。
米空軍不採用の試作機なのだから、航空自衛隊は遠慮無くYF-23を丸ごと採用し、
改良すべき重要な部分は、次世代の最先端技術を投入すればいい。
ジェットエンジンは双発とし、マッハ2以上の最高速度を持たせたい。
ステルス性と超々音速の両立は必要だと考える。
航空自衛隊の次期F-3戦闘機の開発に於いて、良い縁談話が来たと思える。
ロッキード・マーティン社のF-22とF-35のハイブリット提案は胡散臭い。
膨大な予算の割に、がっかりな結果を予想してしまう。

イタリアは好きだが

自分はイタリアは好きだ。
特に、車とオートバイのデザイン、独創性を感じるメカは自分好みだ。
車ではランチアとランボルギーニ、オートバイではドゥカティが好きで、
少し不器用そうで無骨な所が好みだ。
若い頃は、中古車のランチア・ベータ・モンテカルロと、
ドゥカティ900SSの購入を真剣に検討したが、モトクロスレース活動を優先し諦めた。
ドゥカティには、吸排気バルブ駆動にデスモドロミック機構を用いていた事に、
このメーカのポリシーとこだわりを感じた。
しかし、スマートで洗練された感のあるフェラーリ、モトグッチは自分の趣向から外れる。
フィアット、アルファロメオ、その他メーカーには興味を抱く事は無かった。
建築物では闘技場のコロッセオは好きだが、教会、神殿等に興味は無い。
自動車、オートバイ以外のイタリア関連には、あまり興味は湧かないのが本音。

現在は政治が不安定なのと、地質学的に日本と同じく地震、噴火の危惧がある。
経済が伸び悩むのも、政治、政策が良くない事が要因なのだろう。
不思議と、こういう時には天災も重なるものだ。
泣きっ面に蜂とは、こんな場合を言うのだろう。
国も民意も、考えを改めなければ現状を打破出来ないだろう。
権利ばかりを求め、義務を果たさない国の末路は悲惨だ。
皆が他力本願では良くなろう筈が無い。

それすらも読めず、イタリアに過剰な期待をする愚かな経営者は、
自滅するのみ。

アメリカに配慮する必要は無い

航空母艦 赤城は真珠湾攻撃での旗艦であり、主力であり、殊勲艦だった。
海上自衛隊艦艇に於いて、あかぎの名は温存されてきた。
護衛艦への艦名命名権は日本にあり、アメリカやトランプ大統領に配慮する必要は全く無い。
現トランプ政権は、アメリカとの国家間貿易で、日本に不利となる要求を次々と突きつける。
世界はアメリカに対し対抗措置を発動する構えだが、日本だけは煮え切らない。
イギリスやカナダ、EUでさえ、アメリカの無理強いとも言える経済挑発に反発、
強硬な対抗措置を発動する構えだ。
日本にも、イランからの原油調達停止を求めているが論外だ。
日本がアメリカに同調ばかりでは、今後世界から見下され相手にされなくなる。
今、ここでアメリカに遠慮し、媚びを売り、真珠湾攻撃絡みの配慮から、
あかぎを艦名候補から除外する事が絶対にあってはならない。
この艦名を使用すれば、アメリカ政府やアメリカの報道関連からも、
奇襲の真珠湾攻撃をやり玉に批判が出るだろう。
アジア圏の各国からは、再び軍国主義へ向かっていると揶揄されるだろう。
しかし、この名が相応しいとの意見が揃えさえすれば、いつ、どのタイミングでも使うべきだろう。
自国の防衛に関しては、他国の思惑に左右されるべきではない。
自主性、独立性を重んじる事こそ重要。
日本海海戦の旗艦 三笠でさえ、ロシアから見れば存在は許せない筈だが、
現在まで記念館として保存され、しかも海上自衛隊の雑役艦として登録されているが、
この事が日露国家間での憂慮すべき問題と化してない。
日中戦争(支那事変)勃発時、旗艦 出雲と共に参戦した加賀だったが、
中国の反発が予想されるも、いずも、かがの名を護衛艦同型艦として復活させた。
アメリカは同盟国との理由で、あかぎの名称使用を躊躇する必要もない。
赤城は日本の山岳名だと主張するだけの事。
赤城は日中戦争勃発時には参戦していないが、真珠湾攻撃参戦での配慮は全く無用。

イギリスにも訪れる必要がある

安倍総理は、来月11日からベルギー、フランス、中東諸国を歴訪する方向で調整と報道された。
日本とEU経済連携協定に署名する為にフランスを訪れるのならば、
EUを離脱するイギリスにも訪れるべきだろう。
イギリスとの政治交流を深める事は、日本にとっては非常に重要だ。
イギリスも日本も大陸に隣接する小さな島国である。
しかしながら、他国からの侵略を受けなかった孤高なる民族だ。
共通する精神を持ち合わせ、世界的な諸問題が勃発した際、
政治交流さえ深めておけば、真の味方になり得る相手だと考える。
自分は、いざと言う時に裏切る可能性が一番低い国だと見ている。
ネビュラがドーバー海峡付近に留まるのは、イギリスに興味を抱いているからだろう。
日本の総理がフランスまで行きながら、ドーバー海峡を越えなければ、
その事実はネビュラに記録されるだろう。
崇高なるは言う、「どの風を、どの方向に吹かすかは行動を見て決める」と。

ロシア、ミサイル発射訓練

今朝の報道で、ロシア側から、択捉島周辺海域でミサイル発射訓練をすると、
14日、海上保安庁へ通告があり、
政府は15日に外交ルートを通じ抗議したと伝えられた。
着弾点がオホーツク海側か、太平洋側なのかは不明だが、
ロシア側が、「領海内の行動だ」と反論した事から察すると、
オホーツク海を着弾点に設定するだろう。
太平洋側の公海を着弾点に設定すると、多国籍の艦船全てに対応する必要があり、
世界に対して通告する必要が生ずる。
オホーツク海ならば、日本との国境海域だけの対応で済む為、
海上保安庁へ通告したのだろう。

北方領土問題絡みの、けん制の意味もあるのだろう。
米朝首脳会談直後に、ロシアによる極東の緊張をもたらすミサイル訓練実施は、
アメリカ、トランプ政権へ対するけん制でもあるのか。
北朝鮮でさえ、ミサイル発射実験を中断しているこの時期に。
やはり、オホーツク海はネビュラに監視してもらいたいエリアでもあり、
崇高なるからも、琉球と蝦夷は日本の守りの要と聞いている。
ロシア軍も、ネビュラを何らかの方法で察知するだろうから、
国籍不明の得体の知れない存在を認識させる事にもなる。
現在、択捉島に最新鋭の地対艦巡行ミサイル、バスチオン(射程300 キロ)、
国後島に地対艦ミサイル、バル(射程130キロ)が配備されていると、
太平洋艦隊機関紙が報じている。
主に、アメリカ海軍の艦艇をターゲットとしているのだろうか。
ちなみに、バスチオンは要塞を意味し、バルは舞踏会を意味するとある。

プロフィール

nekokein

月別アーカイブ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ