NNE-KAI

軍事防衛、自然現象、UAP(ネビュラ)等の謎、政治、経済、雑学に関する勝手な私見、解釈、考察、一コママンガ。

NNE-KAIとは、ネビュラ、ネオ、エイトを改新した意。
管理された環境に限り、転載、引用、リンク、関連する創作、
関連掲示板の作成、旧ブログ投稿記事の引用、まとめ等自由。
但し、当ブログの一コママンガ、「丘の上の一本杉」は、
NNE-KAI管理者の画像著作物であり、転載、一部引用も不可。
一コママンガは、Windows10ペイントアプリで制作。

私見、その他

小学生の口喧嘩

何かと無双とか持ち上げられる爺さん評論家。
嫌味としか思えない質問が多いようだが情けない。
無双と呼ばれる武人は、他者の考え、目論見、企てなど一切気にしない。
そんな駆け引きで自分が優位に立とうとは考えないだろう。
猛進して真っ向勝負で組み合い、押し込んで弾き飛ばすスタイルこそが無双である。
言った、言わないが後に証拠になる?まるで小学生の口喧嘩ではないか。
そんな輩に共感し発言を盲信する者は、奴から見てカモネギだと思う。
自分の考えが正論だと思うならば、いっぺんやってみたらどうだろう。
多くの人々が数年後に拍手喝采する程の実績、功績を残してくれ。
相手の揚げ足を取り、自分が完全正義のような綺麗事ならば誰でも言える。
理想と現実のギャップを埋める事が、どれ程困難か判っているのか。
完全正義の独裁者になれば、権力、利権を守ろうとする抵抗勢力全てを潰し、
理想の社会を作れる可能性もあるだろう。
しかし、誰しも身内、親しい者、信用できる者を側近に置きたがるが、
その時点で理想の社会の構築は不可能となる。
綺麗事ばかり言う者が、いざ当事者になると必ず壁に突き当たる。
言うだけならば容易である。
まず実証し、自分の考えが正しかった事を証明する必要がある。
何かと無双と持ち上げるマスコミ自体が、いい加減で適当な事を流布する組織である。
先ず相手を褒めよ、その後の実績を見てから批判、苦言を述べよ。
まあ、本当の無双ならば小者は眼中に無い筈だが、大物と認めているから必死に構うのか。
単なるビッグマウスは、自分が目立ちたいだけの戯言が目立つ。
「おめでとうございます、今後の御活躍を期待してます」を皮切りに、
数々の質問をするが、決して揚げ足取りをしてはいけない。
相手が警戒して本音を話さず、隙も見せなくなる。
相手の隙に付け込んで、隠された本音を引き出す質問ができる者こそ一流であろう。
敵意や相手を認めないオーラー丸出しで最初から揚げ足取りをして、
相手の言葉を詰まらせて悦に入るような質問者は三流と思う。

新型コロナ感染後の不安

感染すると何らかの痕跡、印を残すかも知れない。
今後、新たな未確認ウイルスが蔓延した場合、
体内に侵入後、痕跡、印によって活性化、強毒化する可能性を考えると恐ろしい。
今回の新型コロナウイルスは、特異な特徴が報告されている。
人体の免疫機能が充分に対応できない事を示す事例であり、
感染し回復後、再び陽性反応が出たとの報告が相次いでいる。
免疫を獲得した筈の体内に侵入した同じウイルスが、
前回獲得した免疫を打ち破る程に活性化、変質するのならば恐ろしい。
前回感染の痕跡、印を基に情報を獲得して変化、変質化すると仮定すると、
ウイルス間で共有可能な詳細な情報を人体に刻み込み、
それを取得して免疫に対する耐性を獲得するのではないかと。
もしくは、前回感染した際の侵入経路、免疫が弱い部位をピンポイントで示し、
再び侵入したウイルスが一斉に示されたターゲットを目指すとも考えられる。
その場合も、再侵入したウイルスは耐性を獲得できないだろうが、
次から次へと侵入してくるウイルスが徐々に変化、変質すると考えた場合、
いずれ免疫を打ち破る個体が生まれた場合、再感染してしまうと予想する。
まるでコンピュータープログラムが、脆弱性に対しアップデートを重ねるように、
又はハッキングでプロテクトを解析し続け、いずれ侵入されるかのように。
死亡、重症化するのは高齢者で、若ければ心配要らないとの風評も出ているが、
感染しても症状が出なければ良しとして楽観視するのは危険であり、
免疫を獲得すれば次は大丈夫と、安易に考える事も危険である。
完璧とも言えるレベルのワクチンが完成し、接種、投与される迄は感染は避けたい。
それまでは、何としてでも逃げ切るべきである。
何らかの目に見えない後遺症が残り、数十年後に別の病の発症率が上がる可能性も考えられる。
病の発生メカニズムは複雑で、発症契機となる要因も予測は付かない。
タバコ、カーボン、化学物質等による肺がん発症率の上昇以外の、未確認の要因も存在する。
感染の危険が高い場所への出入りや行動は避け、予防措置を充分講じるべきであろう。
もし実際に痕跡、印の存在があるとしたのならば、ワクチンの開発以外にも、
刻まれた痕跡、印を消去する薬の開発も必要かもしれない。
今は完治出来ない病と同じと捉え、感染は絶対避けるとの意識付けが重要だろう。
多くの若者は発症しない、重症化しないとの妄想は捨てるべきで、
人体のDNAに何らかのダメージを与えられ、いつか別の弊害の要因となる事もありうる。
いずれ歳を取った時に影響が出る、AIDSのような潜伏年月の長い病気と考えるべき。

けものフレンズ最近聞かないが

けものフレンズ、日曜日の午前に放送されていた。
子供向けのアニメ枠の時間帯だった。
家に居る日は欠かさず視聴していた。
ストーリーは頭に入らないが、画風とキャラの雰囲気が独特なので妙に興味を持った。
主人公だけが人間で、他は動物の設定であるが、ほのぼのとした雰囲気が良かった。

示されたルートをドライブ

早朝、太平洋側のルートから伊良湖岬の先端へ到着した。
フェリー乗り場に隣接する駐車場に車を止めて散策するが、
曇り空で今にも雨が降りそうな雰囲気で人影も全く見当たらない。
三河湾と太平洋をじっくりと眺めた。
妙に空気が澄んでいて神島がクッキリと見えた。
携帯で撮影しようかと思うも、急に気が乗らなくなりやめた。
1時間程周辺を徒歩で散策中、AM8時半頃に小雨が降りだした。
慌てて車に戻り、三河湾側のルートから次なる目的地へと向かう。
次の目的地は長篠の合戦場跡。
AM10時頃には到着するも雨が大降りに、周辺を軽く散策し次なる目的地へ。
最終目的地は鳳来寺山で、AM11時頃到着した。
強い雨だったので車内でラジオを聴いて過ごす。
正午に鳳来寺山を後にして、鳳来峡ICから三遠南信自動車道(無料)に入る。
直線で約10キロにも及ぶトンネルを抜ける。
途中、数台の車とすれ違うも自分の前後に車は皆無だった。
新東名高速道路のインターに合流し帰路に就く。
伊良湖岬から長篠の合戦場跡、鳳来寺へのルートは、ネビュラの通過ルート。
今回、低下気味だった気力をチャージする目的で巡る事にした。
以前、夢の中で地図上に蛍光ピンクでルートを示す線が引かれていた。
示したのはネビュラAIと思えるが、その線上の矢印に従い進んだ。
ネビュラは熊野灘方面から鳳来寺山を抜けてから北、東への分岐点が存在する。
最近、岐阜県、長野県で地震が頻発しているが、ネビュラは西方面へは向かわない。
分岐点には西へのルートは無く、新規ルートとして開拓しないようだ。
鳳来峡IC上空付近がネビュラルートの分岐点のような感じだった。
自分は南に向かったので、ここでネビュラルートからは外れた事になる。
今回のドライブでの平均燃費は19.7km/Lだった。
エコモードでは無く、スーパーチャージャー常用モードであったが、燃費の良さに驚く。
ハイブリッドでもeパワーでもなく、スーパーチャージャー付ミラーサイクルエンジン車である。
鳳来寺山までのルートは坂路が多く、吸入音とスーパーチャージャーの駆動音は騒がしかった。
帰宅後、マフラーエンドは煤まみれで汚れていた。
エコモードならば、平均燃費21km/L位まで延びたと思える。

プロフィール

NNE・KEIN

アクセスカウンター
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索
猫用品:お勧め商品
獣医から腎不全と診断された猫に投与、危険因子を持つ猫には、 予防として一日量の半分(200㎎)を数日間隔で投与。

動物用マイメジン細粒 猫用 400mg 84包(動物用医薬品)

価格:6,933円
(2020/5/23 10:17時点)

マイメジンと同じ効能のコバルジンもお勧め。

コバルジン 猫用 400mg 90包(動物用医薬品)【あす楽】

価格:7,620円
(2020/5/23 10:23時点)

ミックスや雑種の検査も可(よくある質問へ)
NNE-KAI お勧め商品
PVアクセスランキング にほんブログ村
  • ライブドアブログ