MUDAI

ジャンルを問わない考察と独り言

転載、引用、リンクは自由、但し管理出来る環境下での使用、用途に限定。

私見、その他

ダメな奴は何処に行ってもダメだ

某大企業、技術開発系部門に高校からの友人が居る。
潜水艦乗務員の兄を持つクラスメイトの自宅に案内してくれた友人だ。
急に彼と話がしたくなり、久々に電話をした。
彼から、自分の勤務先と契約していた技術顧問(自ら技術顧問会社を経営している)の話が出た。
自分は時折、その技術顧問に対し技術的な問題を指摘し、改善案を提示していた。
割と自分の意見を素直に聞き入れ、自分の案を取り入れた形で設計を最初からやり直した事例もあった。
しかし、大手取引先のそれなりの役職に就く友人に、自分と知り合いと知っての事だろうが、
過去に、「私にいちいち指図するうるさい人だ」と、愚痴をこぼした事があると言う。
技術顧問として従事する会社社員の悪口を、取引先担当者に言う人とは思わなかったが、
怒りよりも呆れた。
ちなみに技術顧問は自分よりも10歳近く年上だ。
友人は、「でもあいつの事だから、的確な指摘するでしょ?」と言うと黙り込んだと言う。
最近、自分の勤務先と競合するライバル会社の社員と打ち合わせに来ていたと言う。
しかし、今年春先に契約解除され居なくなっていた。
彼が担当する製品設計の見直し、修正、後の不具合が多発していて、
従事した社員も嫌気が差して数名が辞め、技術スキルに疑問を持ったのだろうか、
彼が進めていた新たな受注品の設計途中での事だった。
技術顧問なので、同業数社と契約を結んでいるとは聞いていたが、
自分の勤務先との契約解除後、競合するライバル会社に売り込みに行き、
技術顧問として採用されたのだろう。
友人は、この人物の契約解除の事は知らなかったようで驚いていたが、
お前の会社もOO社(大手企業)の傘下に入ったのか?と言うから、
何で?と聞くと、この競合会社がOO社の傘下で、最近、他社と合併したからと言う。
この顧問が、自分の勤務先と競合するライバル会社との、両方の顧問をしているとの
勘違いからだろう。
友人曰く、「俺は低い評価しか出来ないし、過去にも担当する案件で問題が生じ、
相当苦労した経験が何度かあるから、信用はしないよ」と。
もう自分とは関わる事は無い部外者、幾ら失敗して取引先に迷惑掛けようが、
気に掛ける事も無いのだから。

BMWディーゼル車炎上事故

韓国で多発するBMWディーゼル車炎上事故。
原因とされる諸説が報道で報じられている。

即、自分にはある要因が浮かんだ。
韓国で精製の冬用軽油は韓国独自のブレンドであり、
日本の軽油よりも性能は高いがコストも高い。
極寒の冬に対応し、潤滑性が高く、燃料が固まる温度(CFPP温度)
を更に低くする為、WAFIと呼ばれる添加物のほか化学製品が多く添加されている。
超高圧燃料噴射機構の潤滑成分も高濃度で配合され、内部構造損傷を防いでいる。
しかし高価過ぎて韓国の消費者には不評である。
スタンドで安売りする為に、日本から多く軽油を輸入している現状だ。
ちなみに、日本から軽油を大量輸入する理由には、政治的、税制的な要因も大きい。
しかし、日本製軽油の基準を超える低温下では軽油の固形化が発生し、
始動不良に陥る場合がある。
極寒地のスタンドでは固まるのを防ぐ為、灯油を混入させて販売する所もあると言われる。

要因から原因を自分なりに分析検証した。
高価な韓国精製の極寒仕様軽油が大量に売れ残り、それを夏季に販売、あるいは混合して販売。
BMWの高性能な最新、ディーゼル用排気ガス浄化装置は、
WAFI等の添加成分が起因する排気ガスを浄化すべくフルに働くだろう。
浄化性能限界に達すると特に触媒が異常発熱する。
それは、極限まで浄化するように構造設計、制御プログラムされている事が原因だろう。
更に、今年の猛暑で排気ガス浄化装置周辺温度が数百℃まで上昇し、
周辺の可燃素材が発火し、火災に至ったと推測する。
世界中で販売される同型車種、エンジンで、韓国ばかりで火災事故が集中している事からも、
燃料起因説は濃厚だろう。
応急措置として、排気ガス浄化性能を下げて触媒の発熱を抑える、
触媒の容積を増やす、触媒周辺を耐熱板で覆う等の対策が必要だろうが、
現状は部品の品質不良を疑い、新品の部品と交換して対応しているのだろうか。
火災を起こした車両に軽油が残る状態ならば、燃料を回収して燃料添加物の成分を詳細に調査。
その燃料での、エンジンベンチ上での異常発熱の再現を確認する事が急務。
しかしながら、燃料価格高騰の現在、灯油等を混合した粗悪軽油流通が原因とも考えられる。
日本やヨーロッパでの販売台数に対する火災発生率を考えると、
燃料浄化装置の品質問題では無く、燃料成分対応範囲、最大浄化量の問題だろう。



高雄

自分が初めて買った軍艦のプラモデルは、重巡洋艦 高雄だった。
巨大で、独特な形状の艦橋が気に入っていた記憶が残る。
艦名は京都府の高雄山から由来し、艦内神社は京都護王神社とある。
ところで、武蔵国にお世話になっていたおかっぱも、
過去に京都には縁があったようで、平安京には強い思い入れがあるようだ。

巡洋戦艦として建造予定だった天城、赤城、高雄、愛宕の4隻は、
国際的な軍縮会議で計画が中止となった。
当初は解体予定の赤城だったが、航空母艦に改装予定の天城が関東大震災で大破した為、
赤城が急遽航空母艦へ改装され、天城は解体された。
赤城は最初から強運だったと言える。
着工前だった高雄、愛宕は建造中止され、その名は重巡洋艦に譲渡された。
つまり、赤城の艦名と高雄、愛宕の艦名は本来同格、同列であった。
最新鋭イージス艦の艦名は、赤城以外ならば高雄が相応しかった。
先に愛宕の名をイージス艦に命名していた事から、それは当然の流れであった筈だ。
しかし愚者三人は、取り込むべき流れを全く読めてなかった。
選択は的外れだったと自分は思う。
ちなみに、重巡洋艦 高雄は終戦時も沈まずに残った強運な艦なのだ。


正常に戻る

カーナビの故障で、マップ上ではあるが一週間迷走し、
昨夜までは紀伊半島方面に向かって海上を進んでいた。
今朝、会社に到着した際、会社の駐車場を表示している。
GPSも正常な方角を示している。
いつの間にかカーナビが正常な状態に回復し、帰宅時も正常に機能している。
信濃が諏訪湖と繋がっている事に気付いたからだろうか。

ところで台風12号が迷走し、進路予測では紀伊半島に向かい、
潮岬沖の真上を通過するようだ。
深海の信濃には何ら影響は無いだろうが、
低気圧の影響で海面は上昇するだろう。
しかも、大潮と重なるようだ。
突然、迷走を始めたカーナビの次は台風の迷走、驚かされる事が続く。

絶対に潰したい相手

この社長は、自身の経営手腕が無い事が利益を生み出せない要因なのだが、
社員達にその責任を押し付けるような人物である。
売り上げが多くても、不必要な事に多額な投資をして散在、利益が出せない。
自身は仕事と称しての海外への長期出張が多いが、何をしているかが不明瞭過ぎる。
こいつの暗部を炙り出して潰す必要を感じた。
同時に、こいつの太鼓持ち達もだ。
だから、ダークな存在でもいいから俺に手を貸せと願った。
悪しき者に対しては、ダークな存在に任せる事が最良の策と考えた。
崇高なるには、こんな奴の為に動く必要は無いとも考えている。
世の中の有意義な事に力を貸して欲しいと願っている。
おかっぱが語ったあいつとは、自分が呼び寄せたのかも知れない。
まあそれでもいい、この社長を潰しさえできれば。
その代償で自分もダメージを負うかもしれぬが、覚悟はできている。
それが怖いとか、不安を抱く事は全く無い。
納入部品が起因する大問題が生じ、取引先への補償が元で経営難になり、
別の会社に買収された方がマシとも思う。
その時には社員にも痛みを伴うだろうが、後に充分取り返せると考える。
経営者の問題だけで、本来利益を出せる業務内容なので買い手は付くだろう。
納入先の大手企業に買収された方が、従業員達の為にも良いと考える。

以前、眼鏡で肥満気味の大柄の男を叩きのめし、
頭部粉砕も辞さない会心の一撃を入れようとした刹那、
おかっぱに強い口調で止められた事を思い出したが、
やはりこの社長だったのだろう。
あの時潰しておけば、こいつの増長を防ぐ流れを起こせたのでは。
とても悔やまれる。
ライトの力は必要だが、ダークの力も必要悪だろう。
元々、自分は根本がダークな属性だと考えていたから、
いい人を演じるのは偽善だから嫌だった。
しかし、武道で他人を指導する立場になって考えは変わった。
以前は、勝てば官軍、強い者、実績と結果を持つ者だけを認め、
人格者などとの表現は、偽善者か実力、実績、結果を出せない者の隠れ蓑だと思っていた。
しかし、この社長に対しては若い頃の考えで見ている。
プロフィール

nekokein

月別アーカイブ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ