2007年01月18日

鬼男【講師】

段差が見えず車を落として一句

【ハメマラと世間の人は言うけれど私に限りメマラハなのだ】

私の嫌いな言葉

『食の安全安心』

 たてまえは、企業(メーカー)が安全な食品を作り、これを安心して消費者が食べるという寸法なのである。
 ところが本音は、企業が声高に『食の安全』を言いつのり、それに騙されて買ってしまうバカ消費者を見て企業が『安心』するのであって、これが『食の安全安心』の根本なのである。
 売る側が自社の食品の安全を考えているなどと言うのは、消費者の健康を考えてのことではない。総ては『売らんかな』精神から来ているのだ。最近の不二家の例を見るまでもなく、安全(と消費者に思わせる)な食品を提供しないと、マスコミによる激しいバッシングに遭い、会社存亡の危機を迎えることになるからである。このさき不二家がどうなるかは分からないが、雪印なんかは、そのために会社自体が消滅してしまったではないか。だから消費者(と言うより初めはマスコミ)に非難されない程度に品質を落とし(業界で言うところの『コストダウン』)、少しでも儲かる商品を売るのである。消費者(アナタのことですよ)にしたところで、常に自分の健康よりも嗜好を優先させているではないか。その証拠に、自販機には果汁100%のジュースがたまに売っているが、誰も買わないので、いつの間にかひっそりと姿を消している。もしも世界一の清涼飲料水メーカーのコカ・コーラ社が本当に消費者の健康を考えるなら、自社の自販機には他社の倍はする果汁100%のジュースと、ぬるいお茶しか置かないはずだ。この時アナタはどうするだろうか。コカ・コーラさんよくやってくれました。これからは高くても不味くてもぬるくても、健康にいいあなたの会社のジュースを飲みましょう、となるのだろうか。いやいや、そんなメーカーと消費者の麗しいコラボレーションが成り立つなら、世界はとっくにユートピアかシャングリラになっているはず。現実は誰もコカ・コーラ社のジュースなど買わなくなり、倒産するか、良くても株価は大暴落、社長他経営陣の総入れ替えとなり、また以前のような毒々しいジュースを売り続けるのである。


さてここで、市販のジュースやガム、飴を始めとする菓子類が如何に身体に悪いかの簡単な実験方法を書いておこう。

さっき車を段差から落としてしまった。ちょっと疲れたので今日はおしまいにする。実験方法はまた直接お話しする(かも)。

nekoko2222 at 21:51│Comments(1)TrackBack(1)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 年収1千万のプロが競馬をあなたに教えます。  [ ■言葉でなく実績で証明済みなので安心です。■ ]   2007年01月19日 15:33
100万儲かる投資競馬。競馬で儲ける方法教えます。

この記事へのコメント

1. Posted by 仁子   2007年01月19日 19:02
すごく先が気になるのですが…。また教えて下さい!!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔