2011年01月16日

移動もしたし

西を大陸大移動を果たしたことですし、心新たに。

パース LOG

パース探索、一緒にしましょう。



nekomatagi3 at 02:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月06日

2011

年が明けましたが。

冷房でまず喉をやられ、喉の痛みがドライな咳となり、それからチェスト咳となり、今朝起きたらくしゃみと鼻水が止まらない。

パースに着いてから2週間?も経ってない?いつやっけな。
まだまだ全然慣れませんけども、なんとか動き出してます。

ブログ、今度こそ新しいとこにしようかと思案中。

鼻の下がかぴかぴで痛いんです。

nekomatagi3 at 13:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年11月28日

怒濤のフェアウェルディナー

以前の職場のガールズとディナー。
4年ほど前、同じチームで働いていた人たち。
状況はかなりみんな変わっている(嫁に行ったり、来月子供が産まれると腹がでかかったり、来年結婚したり、家買ったり、看護士になってたり)けど、話してて、あまりの変わらなさに笑けた。
変わらんよな。そんなにな。

あー楽しかったー。

前職場のゴシップにも花が咲き、みんな言いたい放題。
関西人率高いと結構えげつないことになります。
大阪生まれ大阪育ちが3人。

あー楽しかった。

安産を祈願したり、移住の健闘を祈われたりしてハグで別れる。

パースは遠いなぁ。


数ヶ月ネットでパーフの物件を探していたのだが、初めて、ぴかーん!とくる物件が2件。
住んでる自分が想像できたわけ。

インスペクションが今日だったわけ。

はぁ。

来週、初パーフ。家探しに行ってきます。

nekomatagi3 at 00:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)移住 

2010年11月25日

お部屋が荒れ放題

各部屋、もれなく大荒れ。
箱と日常に使うものが雑多に。

見て見ぬ振り。

これは中途半端な利便性を追求するよりも、さっさとすべてパッキングしてしまうのが吉かと。

どんどん迫り狂うその日。

nekomatagi3 at 00:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月20日

パーフ移住に伴い楽しみなこと

・夢のマーケット生活を始める。
 週末お店が閉まる西オーストラリア州での数少ない娯楽。らしい。
 オーガニックファーマーズ市場。もふもふ。
 起きるもん。ふんっ。

・大きなキッチンの家を探し、おいしいものを心置きなく作る。
 まずは豆腐。おから。湯葉!!!!おからーーー!!!

・夏はかなり暑いらしいので、真夏の格好ができるかも。
 シドニーの夏ごときで真夏の格好すると数分で身体が冷える。

・家庭菜園の練習を始める。
 コリアンダーとかネギとか。バジルとか。むふふふふ。

・人生初の車生活。
 はよ免許とろうぜよ。
 免許とってから行こうと思ってたけど、やめた。
 シドニーのドライバーは恐ろしい。大阪ほどじゃないけど。

シドニー、あと1ヶ月を切りまんした。
試験、課題提出までの時間も1ヶ月を切ったということで。

もうそれしか考えられないわけで。
家の中の段ボールは徐々に増えて行くけれど。

間違って課題に必要な教科書をパッキングしたりしたんだけども。
お約束ですね。


先日、日本に遊びに行っていたお友達がお土産を買って来てくれて。
個別包装された、とよとよの干し柿。
ポテポテのトヨトヨ。
おいしそう。
保存料(二酸化硫黄)がおしいけど。
このオレンジはそうよね。でもいい。ありがたくいただく。
うれしい。

nekomatagi3 at 22:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)移住 

2010年10月02日

危うく

1年が経過しようとしていたね。
ブログ、他に移そうかとも思ったけど、シドニーにいる間はこっちにすることにした。
ここ、あまりにもシドニーの歴史がつまり過ぎている。
12月中旬にパースに引っ越しまーふ。
寂しすぎる。

さて。

元気ですよ。
今ちょっと体調悪めやけど。
多分ホメオパシーのレメディー摂取によるリアクションかと。
効けばいいけどねー。

今、オーストラリアの学童たちはスクールホリデーですな。
世の中には元気なお子様たちと機嫌の悪さマックスの親たちが散見されます。
こわいよー。うるさいよー。でも、私も数十年前はあのガキどもの一人で、電車に乗り合わせた大人たちをイライラさせていたであろうから温かい目で見守ります。

一つ、スクールホリデーになるたびに思うこと。
ぱっと見て10歳そこそこ、もしくはそれ以下の小さい人たちで、明らかにちょっと普通と違うハイパーなテンションで、親もそれでイライラしまくって、でももうどうにも止まらない、小さい人たちはでかい声でわめきちらし、あばれまくり、親たちはそれにどなりまくり、なんか、もう、横で見てて「かおす」という言葉が頭に浮かぶような戦場を、電車で毎日のように見るんです。
ルナパークを通る電車で学校に行くので、ホリデー中は毎日のようにそんな戦場に出くわします。
そんな小さな人たちの手には、かなり高い確立で、コカコーラとか、スプライトとか、得体のしれんピンクやら緑の液体やらの入ったかなりでかいボトルが。
それを、おまいは、一人で、飲んだのか?と思うわけで。
そりゃ、ハイパーになるわな。
ソフトドリンクには砂糖がどれくらい入ってるかぐらい、もう知ってるだろうよ。
着色料や保存料と小さな人たちの暴れ具合の関係性が徐々に科学的に証明されつつあるし。
小さな人たちは頻繁に水分補給する必要があるのは確かです。
水かお茶かフルーツでお願いしやす。
おぞましいづら。

あ、たまにオレンジでハイパーになる子もいるからそれはアレルギーなどちゃんとチェックするある。

ふーーーー。
寝よ。


nekomatagi3 at 00:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)雑記 

2009年12月31日

ゆく年来る年

今年も豪州時間であと8時半ほど。
みなさまいかがお過ごし。

数日かけて今年のブログを読み直してみまんした。
ブログの更新のページがかわっているね。
びっくりしたね。

今年もよい年であった。
過渡期の後半戦といったかんじ?
ここ数年荒波にもまれまくって神経がずいぶん図太くなった。
数年さんざん振り回されに振り回されたビザは来年やっといったん落ち着きそう。
6年目でっせ。
たのむでほんま。
ビザだけで見ると結構エラいことになってたけど、全体像でつかむとそうでもない。
むしろcatalyst的な役割を果たすこともある。
なるようになっとんねん。ものごと。

去年の大晦日は居候の家からとことこルビ子と友達の家にいってテレビで花火を見た。
あれが1年前ですか。
早すぎ。
1年ってすごいねー。
来年の大晦日はまだシドニーにいる。
同じような感じで一人で静かにまったりしてると思う。

大掃除も終えてあとは今冷蔵庫でつけ込んでいる手羽先(性悪な手羽先)焼いて、おいしいそばを作るだけ。
年越しはやっぱりそばでしょう。
オーガニックのそば粉100%のそばを奮発して買ってきた。
1パック8ドル強!!!あほか!!!
おいしいはず。おいしいにちがいない。おいしくないわけがない。

明日はやっぱりおぜんざいだけでも食べたいからあずきを炊こうか。
でも明日はシナモンロールを焼くのだ。
食べ合わせ・・・。

ここのところ久しぶりにあう友人知人にものすんごいかわったといわれることが続く。
髪型は劇的におとなしくなった。が。
「醸し出しているものが違う」らしい。
よいのか悪いのかもわからない。ただ、かわったらしい。
一人は「ラベンダーってかんじ」と描写。
ラベンダーやねんて。前はなに。

ラベンダーちらを来年もどうぞよろしく。
みなさまよいお年を。

今からカモメ食堂を見まうす。

nekomatagi3 at 14:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)雑記 

2009年12月11日

年末商戦

年明けにでかいセールがあるオーストラリアの小売業界ですが、今年はこのクリスマスショッピング時期から大手デパートはじめ各店でセール展開中。
なんか違和感。

中央銀が3ヶ月連続で利上げを実施して、なおかつ昨年の年末の政府の給付金による消費が望めないっちうんで、戦々恐々としている。

たった1年ですけども、同じ時期でも何となくカラーが違うものですな。

金利引き上げについておもしろいな、と思ったこと。
メディアでは住宅ローンを抱える家計への影響を一斉に取り上げているけど、私の周りの日本人たちは「貯金する時期がやってきた」と色めき立っている。
一時滞在が多いから変動金利の引き上げが直接彼らに悪影響を及ぼすことはほぼないか。

と、クイーンサイズのサマーブランケットを買いに繰り出して思ったことでした。
この国にはサマーブランケットなんてありませんでした。
あほーあほー。
でっかいめっちゃ肌触りのいいタオルケットが欲しい。
日本から送っていただいたタオルケット、シングルサイズで明け方に熾烈な奪い合いが。

ブランケットはなかったが、実にいい休日でしたじゃ。


nekomatagi3 at 22:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2009年12月10日

しんきゅう

絶対ないと思っていった複合CD屋にmiddle eastが置いていてびっくらこいた。
レジのおねいさんいわく、なんかの賞をとったんだそうな。
昨日のライブの客層もそれで納得。
今聞いてます。いい。いい。
ライブを思い出しながら聞く音楽は格別。
生音は聞かんといかん。

最近来豪半年目の大学院生ちゃんと関わることがあって、いろいろとても新鮮。
パンツの裾直しはどこでするんですか?とか。えー!お店でただでやってもらえないんですかー!とか。
やってくれません。
そういうお店にいって金払ってやってもらいます。
こっちに来てすぐに院がはじまって、ホームステイも終わり、パソコンの変圧器が壊れて不便なんですということから、来月でよければ日本で買ってくるよー?帰国するんですかー?そう5年半ぶりで海外旅行前のような緊張感、という会話の中で、お母さんに会いたい・・・ってぽろっと彼女が言ってて、ああ、がんばってるんやなぁって思いました。
ばばあです。
友達もまだまだできず、っていうか、大学とかなかなかできないんだってばよ。
わかるよーわかる。
学校は大変だし金はないし。わかるよーわかるよー。
「昨日久しぶりに仕事が早く終わって嬉しくて料理したりしたら興奮して寝れなくなって今日は疲れてるんです」って、そういうほんまにどうでもいいことを話すことでガスが抜けるんよな。
「大阪人のがさつさで」初めて会った日からガンガン行ってよかった。
ああやってぽつぽつ彼女が口にすることがどれだけ彼女を救うか。
お母さんは恋しいけど、気が済むまでここでやっていきたいっていう決意。
背景になにがあるかは存ぜぬところでございますが、人にはやらねばならぬことがあるのですよね。
おっさんは応援していきます。
あと2週間でその場からは私は離れるけど、応援しますでー。
そうこうしてたら何年も月日が経って、見渡せばなんだか人脈が勝手にできているっていう風になる。

気づいたら6年経ってたもんねー。

決意を持って前に進んでいる人は美しいなぁ。
痛くてつらいやろうけど。

大変インスパイアされました。

このために私はここでこのポジションでこんなことをすることになったのだね、といろいろ合点がいきました。

ライブでこの曲の最後が鳥肌気持ちよいことは容易に想像がつくことと思います。


nekomatagi3 at 20:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)雑記 

2009年12月09日

中東

middle eastのちけっとをまたぞろ買い損ね、清々しい気さえしていた時、家から最寄りのパブで彼らが無料ライブをした。
もちろん参加。
えがった。
気持ちよかった。
久しぶりの大好きな人たちにも会い大変満足。

1月と2月に一つずつライブの予定が。
ふふふふふ。
ほくほくほくほく。
こうでねいと。

ミドルイースト見れてほんとによかったーーーー。

思い起こせば今年は誕生日のfleet foxesのチケットを逃して以来、今年はどうもライブに関してはどんくさかった。
最後の最後に挽回中。
ほっほっほっほ。
っていうか、最近シドニー、ライブのチケット売り切れるの早すぎ。
ありえへん。
来月のシドニーフェスの目玉なんかほんまに一瞬で売り切れたし。
油断してたー。

いいけど。
来月からの2発が本当に本当に楽しみ。
わー!

nekomatagi3 at 21:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)生音